こんばんはー茜です。

毎年恒例の、高知大道芸フェスのレポです

高知大道芸フェス2019

(過去記事)

今年は9月28,29とありました。

高知大道芸フェス、まだ生まれて3年目の歳若いイベントなんですけど、毎回進化していってる気がする。
今年はフィナーレイベントもあったし、人がいっぱい商店街に集まってくるのを狙っていろいろな企業や福祉のPRともコラボしてた。


いつもは一日だけしか行かないけど、今回は土日と両日行ったので、たくさんの芸人さんたちのショーを観ることができました!
とゆーのも、県外から友達がお気に入りの芸人さんを追っかけて、遊びに来てくれていたからであります

1かおりん


最初は日曜日だけのつもりだったけど、よく考えたら日曜日は12:00~17:00までしかやってなくて、フィナーレイベントもあるからどう頑張っても4人しか観ることができない構成になってた。
だから土日と行って本当に良かった!!


友達のかおりんは、なんと弟が大道芸人とゆー、ハイスペックな人。

「お互い好きなショー観て、バッタリ会えたらいいね~」なんて適度に干渉し合わないってゆーか尊重し合うってゆーか?
そーゆう大人なノリで連絡とってたんやけど、結局二日間ガッツリ一緒に観た。


●ただ座して待つ。芸人たちの花びら大回転の始まりはじまり~

私と娘のいちこ(4歳)が土曜日に商店街に着いた時、会場ではすでに桔梗ブラザーズ目当ての客が人垣を作ってた。まだ彼らは登場してもいなかったのに。

んで、彼らの華麗なるショーを観て、(去年も観たけど今年もやっぱり凄かった)

image

ショーが終わってお客さんがはけだした時、かおりんが私に気づいてくれて、そっから一緒に観ることになった。
会場は8か所あったから、かおりんと会えたのは運が良かった。

ただ、この日は雨予想で、屋外の会場3つが閉鎖になり、芸人さんたちは全てアーケード街に異動になってたってのもあった。
だから大丸本館北入り口に座ってれば、芸人さんたちが入れ替わり立ち代わりやって来て、ショーをしてくれるとゆー上げ膳据え膳状態だったのだ。
だから私もいちこも、土曜日はぴくりとも動かずずーっとこの会場のど真ん前に座り続けていた。


次の芸人さんはMr.BUN BUN
2017年にも来てたみたいやけど、私は初見。

image

リンゴのジャグリングをしながら激しくかじってた。
そして口からほとばしるリンゴを、「流れ星」と表現してた。

故に、我が家ではいちこが食べこぼしをしたら「いこちゃん、流れ星がいっぱい落ちちゅうで!」とゆうようになった。

そしてメインの芸、インポッシブル書道やけど、字ぃ書いてないやん、ってゆう(笑)

絵ですらない、ってゆう


次の登場は加納真実

この芸人さんも去年から来てて、ツイッターで評判が高かったから 是非今年は観たいと思ってた。

何故か、濡れた髪と青いジャージで登場。

そしていきなり地べたに寝そべる(笑)

image

そして、少しづつにじり寄ってくる。

コワイ、怖いって!!!

かおりんの真横まで這って来たぁ!!!(真ん前じゃないで、真横やで)
近い近い!!!(笑)

ほんで、突然走り出した・・・!

走り方もコワイ。
しかもうっすら笑ってるwww


もうね、シュールすぎて笑いが止まらない。

桔梗ブラザーズとかね、去年と一昨年観た、performer SYO!みたいな凄いこと、全っ然やってないの。
でも、もう存在そのものが独特で、めっっちゃ笑えるの。


なにコレ凄い!!
大道芸、奥が深い!!!
てか、凄いのは人間の表現力そのものだ!
image
(突然縦笛を吹き始める加納真実)

彼女の芸はパントマイムで、最後に“Fに捧ぐ”ってゆー、追い出しても追い出してもドラえもんが入ってくる って作品を見た。
最初から最後まですっっっごい笑わせてもらった。



次の芸人はセクシーDAVINCI(ダビンチ)。

かおりん


と、かおりん。お目当ての人らしい。

音楽に乗って、なんだか若くて華やかな雰囲気の男性が登場。
image

と、かおりんに火が点いた!!!

かおりん
まるで感極まって泣き出さんかという勢い。

曲の調子がガラッと変わって、セクシーDAVINCIが「みなさん立ち上がれる人は立って!」なんて言う。
そしてスタンディングオベーション?で客もセクシーもノリノリである。

image
(衣装早着替え)

更に彼はショートパンツも脱ぎ、現れたのはTバックをはいた真っ白なプリケツ!!

惜しげもなくぷるんぷるんのお尻を見せながら、彼の芸は終わった。

「千円入れてくれた人は僕のブロマイドを上げます。でもいくらでも大歓迎です。お尻触っていっていいからね☆」

と言われ、かおりんはもちろん千円を。
いちこは投げ銭を渡しに行って、

「ありがとう!お尻触っていいよ!」

と言われ、恐る恐るつんつんしてた。
セクシーダビンチ

かおりんに感想を聞かれたいちこは、「冷たかった」と答えていました。


次の芸人は、KANA∞
この人だけ写真撮れてない
だから高知大道芸フェスの公式ツイッターから写真をお借りする。

カナさん

実は彼女はいちこに一番見せてあげたかった芸人さん。

いちこ、私の姉の言葉を借りると、「いかにも女の子♡って感じの女の子」。

いちこは可愛いものが大好き。キラキラしたものも。
お姫様、ワンピース、ドレス、ハート、ピンク、長い髪・・・。
そーゆう、“かわいい女子”を形容するようなものが、とにかく大好き。

そんないちこは、KANAさんにやっぱり一番胸躍るのでは、と思って。


KANAさんは土曜日の最終出演ということで、和柄の衣装に身を包み、特別ショーをしてくれた。
彼女の芸は主にフラフープなんだけど、その時は火のついたフープをもって踊ってた。
そして次の瞬間、パッと火の輪を被り、むき出しの素肌の上で、ぐるぐると回し始めた。

危険で、美しく、強さも感じさせる姿だった。

可愛くて、きれい。
彼女にはそんなイメージしかなかっただけに、すごく驚いたし、感動した。
きっといちこはファンになるだろうって思ってたけど、ファンになったのは4歳児だけじゃなかった。

素晴らしいショーを観れて、本当に良かった。

私が今年一番心に残った芸人は、加納真実とKANAさんだ。



KANAさんと写真を撮りに行って戻ってくると、次の芸人コンビ・シルヴプレがもう待機していて、時間までパントマイムでお客さんをいじっていた。

そして、いじられているのは、最前列で空白になっている私がいたところだ。
かおりんが場所取りをしていてくれてたんやけど、人だかりができている状況で一番前のレジャーシートが空いているという、かなり感じの悪い状況になってしまってた。
シルヴプレのお二人は、私が置いていた水筒を持ってみたり、じゃがりこをかじったり
笑いに変えていてくれていた。

後でかおりんに「一番前で席が空いてて、気まずかったよねゴメンね」と謝ると、かおりんも「全然!ああいうのはタイミングだし、貴重な瞬間が見れたわ~^^」と神的対応をしてくれた。
(後ろの人達にはかなり迷惑だったことだろう)

image

シルヴプレはパントマイムで、実は私、去年彼女たちの芸を見た時、全然解らなかった。
とゆーのも、一昨年初めて見た大道芸が、performer SYO!とか to R mantion とか、神技を繰り出したりど派手なショーをする人達だったので、大道芸って凄いことをして観客の心を揺さぶるものだと思ってしまったんだ。

でも今年は彼女たちが表現してることがすごくよく解って楽しかったし、笑えたし、感心した。
自分の器が去年よりも大きくなってるような気がして、それがすごく嬉しかったんだ。



さあ次のりずむらいすで最後、という時、いちこがぐずりだした。
お昼寝なしで高知市内までやって来て、駅から会場まで歩き、数々のショーを観てきて、完全に疲れ切っている。
これは眠いパターン。

とゆーわけで、りずむらいすは遠くからショーの半分ぐらい見ただけだった。
image


そして次の日、日曜日。
“晴れオカマ”と名高いセクシーDAVINCIのお陰か、ずっと雨予報だった日曜日は、嘘のように晴れた。
だからスケジュールは従来通りに行われた。

かおりんとランチをして、急いでまたKANAさんを観に行った。最後投げ銭に行くと、私を覚えていて、握手をしてくれた!


その後は張海輪

汗ばむ陽気の中、ものすごい厚着で登場。

image

変面師の芸で会場を沸かせたんやけど、
パッと振り返ったらお面が変わってる、手も使ってないしはぎとったマスクがどこにもない、あれどーやってるか全然解らんかった。
凄い近くで見せてくれたのに。

「いこちゃんあれどうやってるんやろうね!?
全然解らんでね!!」

いちこわかるで


え!!わかるん!?

いちこわかるで

いちこ「お袖で顔こうやってぇ、こっちのお袖でもこうやってかくしてぇ、ほんでお面のけゆうが。」

腹www

ぱんつwww

いや、でもこうやってこって振り向いたらもう変わってたよ!?手ぇは使ってないように見えたけどなぁ・・・
しかしいちこ可愛い♡

image
(鞭で観客が持つ新聞紙を切る張海輪)

image
(10キロはありそうな壺でバランス芸。首と足腰に来そう!)

image
(説明要らず。もう凄いとしか)

張海輪はその後も次々と超絶神技を繰り出し、投げ銭に10分経ってもまだ人だかりが減らないほど人が集まっていた。いったい彼はこの二日間でいくら稼いだんだろう



次は場所を移動し、また昨日と同じポイントで吉川健斗を見た。

image

始まる前の余興でもたくさん技を見せてくれた。
私の前にご老人が座ってて、健斗くんの可愛らしさ・健気さ・クオリティにずーっと大喜びだった。

大道芸フェスは観客に子供も多いけど、お年寄りもたくさんいる。
楽しんでるお年寄りっていいな^^
もちろん子供たちも、健斗くんがムリゲーなことをしようとするたびに「絶対ムリ!!」なんて芸人がほくそ笑むようなナイスな歓声をあげてて、すんごい盛り上がったショーだった。


最後に観たのはIdio2(イディオッツ)
image

去年も観れたんだけど、私は実はこ~すけくんの密かなファンである。
(上に乗ってる方)
かわいいなぁ^^って感じがする。

去年もすんごい楽しませてもらったくせに、なんと一万円札しかなくて、私は彼らにお金を渡せてなかったんである。
それがちょっぴり心残りだったもんで、また来てくれて本当に嬉しい。
今年は去年の分と合わせた額をいちこに握らせた。
(いちこは投げ銭がすんごい好きである。)



今年はなんと10組の芸人さんを観ることができた!
それに、今までだったらピンと来なかったパフォーマンスも、すっごく楽しめるようになってた。
しかも4年ぶりにかおりんにも再会できた。


でも、それだけじゃない。

今年は芸人さんの人となりを感じる瞬間がいくつもあって、それがすごく楽しかったから、その辺のことも書く。
すんげ~長くなって、もう世間は大道芸フェスの余韻も完全に冷めた感あるけど。


長くなったから次回に続く。

来週あたりにUPします。

↓ ↓ ↓ ↓

(10/12)続きです。


●芸人たちの人間模様が見えた瞬間


実は、セクシーDAVINCIが予定より10分ぐらい早く終わってしまって、KANA∞さんのショーまでに間が空きすぎてしまう事態になった。

んで、セクシーがつなぎとして、モノマネを披露してくれた。
その中に

“素直にハイと言えばいいのに、小難しい返事をする、楽屋にいる時の加納真実” 

“先輩芸人にダメ出しされた時のIdio2・ヒッツ君” 

“驚いた時の加納真実”

“驚いた時のKANA∞”

ってのがあった。
芸人たちが楽屋にいる時の様子なんて私たちは知りようがないし、芸人同士で怒られる瞬間なんてのも見る機会はない。
だから似てるかどうかなんて判るはずないのに、その時の芸人さんの様子がありありと浮かんできてめっちゃ笑えました。



また、今回はフィナーレイベントがあった。
普通フィナーレだから、芸人たちが一堂に会するのはもちろん、主催者代表が挨拶すると思ってたけど、全て芸人たちが仕切って終わった。

image

主に司会をしてたのは三雲いおりさんだったけど、彼が小道具の準備したりしてる間、Idio2のこ~すけ君が急きょ替わって喋ってる場面があった。

緊張気味の彼に助け舟を出したのは、芸人たちの列に並ばずに観客の子供たちの側に座っていたセクシーDAVINCI。
きっと彼は右ならえで集団行動をするのが嫌いな人なのでは・・・と推察。知らんけど。

そのまま三雲いおりのマイクフォローを続けるのかと思いきや、セクシーが司会をしたのはその時だけで、やっぱりまたこ~すけ君がマイクを持つハメに(笑)


観客がコマ回しで芸人と対決??したんだけど、それを見ながら「あれは難しいよなぁ」「いや~難しい」などと会話してるのは、performer SYO!と桔梗ブラザーズのタカシさん。運動神経抜群の彼らでさえ、難しいと感じるなんて。
いや、彼らが運動能力に秀でていて、飛び道具を使うプロだからこそ、余計難しさが判ったのかもしれない。

KANAさんも張海輪に、「コマって難しいですよね」なんて話しかけている。
張海輪は列の一番端に居て、KANAさんは彼の横に立ってたから、唯一外国人の張さんが輪に入れてるか、気を使ったのかも??知らんけど。
ホラ、なんかKANAさんて、やたら気遣いしそうやし。知らんけど。


んで、加納真実と観客の女性が一緒にけん玉をするシーンがあって、2~3回チャレンジしたんだけど、二人とも一番大きいお皿にも球を乗せられなくて。
えー大道芸人でもけん玉できないんだ!ってちょっとびっくりしたけど、
もしかして真実さんはわざと失敗してたのかもしれない。観客の女性に気を使って。
とゆーのも、3回とも真美さんは女性よりもちょっと遅れてけん玉を振ってたからだ。
知らんけど。


とゆーわけで、今回は芸人たちのプロとしての顔だけじゃなく、人間らしい面もちょいちょい見れて、そこもすごーーーくおもしろかった。


●大道芸フェスの最大の魅力の一つは、多様性だッ!!!


私、主催者の方に本当に本当に言いたいことは、


大道芸フェスを高知でやってくれてありがとうございます!!!

このアイデア天才過ぎやろ本当に最高です!!!!


そして、こんだけ多様な芸人を選んでくれてありがとうございます!!!

センスの鬼かよ素晴らし過ぎます!!!!



ってことです。

一体、この先娘が、他人のしかも大人のお尻を触れる日が来るでしょうか

セクシーダビンチ

アラフォーの私でさえそんな経験ありません


張海輪とか桔梗ブラザーズとか男の子なら皆が憧れずにはいられないような神技グループもあれば、

女子の憧れをそのまま体現したようなKANA∞、

普通の人でも自分なりの自己表現を探していいんだって解らせてくれるシルヴプレと加納真実・・・


子供たちや大人に向けてでさえ、社会の多様性を説く声や ありのままの自分を認めようって感じのメッセージは溢れてる。
だけど実際にここまで多種多様な大人たちが、自分なりの表現で場を楽しませ、そのことに誇りを持ち、生きていってる姿を見ることは、どんな言葉よりも強烈なメッセージとなって、観る人の胸に刺さる。

あたしも大人だからわかる、華やかな芸の裏で、凡人には想像もできないほどの練習量や苦労があって、覚悟があって、彼らが身一つで稼いで生きていってる事が。

そんな生き方が、かれらの「好き」から来ている、強さ。


セクシーDAVINCIを追っかけてるかおりんによると、県外の会場でよく見かける観客も何人かいるとのこと。
各芸人たちに熱烈なファンがついてて、みんな彼らから元気と感動をもらいたくて、追っかけて行ってるんだろうなぁ。


いちこはまだ「すごい」とか「おもしろいねえ」ぐらいしか判らないかもしれないけど、
高知大道芸フェスがこれからもずーっと続いて行って、

子供たちが定期的に大道芸人たちを観て、

いろんな生き方があっていいんだ、とか 自分のやりたいことを覚悟を持ってやっていくことってかっこいいな、とか 自分ならどんな自己表現がしたいだろう・・・とか

人生に迷った時にちょっと背中を押してくれる存在の一つに大道芸人もいる、みたいな

身近なフェスになっていったら素敵だなぁ^^と思っています!!



おわり!!!!



*すげ~遅くなったけど書きよったらまた感動を思い出してすらすら書けた☆
この記事主催者側の人達にも届いたらいいなぁ^^