こんにちはーあかねです。

前回生理ネタで、性の話題繋がりで思い出したことがあったので書いておきます。

前回の記事:


娘のいちこは、現在3歳です。
私といちこ
先々週ぐらいから、いちこの陰部が赤くかぶれていて、本人も痒いってゆーので、お湯で洗ったり薬塗ったりしてました。通気性をよくするために、パンツをはかさないでパジャマのズボンだけはかせたりとかですね。

すると次の日には治るんですけど、そのまた次の日にはまた赤くなってるって状況で。
日中も時々お股に手を当てて、搔いてる姿も見るようになり。

更に金曜日の夜は、股を掻きむしって痒がって泣くほどでした。


・・・この痒がり方って・・・・見覚えがある・・・。


・・・まさか・・・!!


bbe62943c-s

カンジダ膣炎になった記事はコチラ

カンジダ


いやもしそうだったら、早く治療してあげなければなりません。
あの痒みときたら、3歳児に我慢させるのは酷すぎます

私がカンジダ膣炎を発症してた時もタオルを共有してたし、いちこが保菌者になっているのは確実と思われます。咳とか鼻水も出てたし、抵抗力が落ちている今発症したのかもしれません。


どの病院に行くべきか迷いましたが、ネットで幼児(女の子)が陰部をかゆがっているけれど何科を受診すればいいかを相談しているサイトを見つけました。
多くの回答者が小児科を勧めているのを見て、私もかかりつけの小児科へ連れて行くことに決めました。

かかりつけの小児科と言えば、話好き&子供好きで、質問にも嫌な顔をせず答えてくれる、アクション先生のところです。

アクション先生登場の記事:

次の日、さっそく病院へ。

ところが、診察してみると、いちこの陰部は全然赤くなっていませんでした。きれいなもんでした。
本人に「おしり痒い?」と聞くとうなずいていたので病院に来たんですがね・・・。

私がカンジダ保菌者であることを告白すると、医師は渋い顔をしました。

医「う~ん・・・お尻かぶれとかそういうのだとここで対処できるんですがね、身体の中のこととなると、赤ちゃんでも婦人科に紹介状を書くしかない。」

医「おりものが出るのはね、別に心配ない。
 へそ、耳垢とかね、穴には汚れとか垢とか溜まるから。それと一緒。
 でもカンジダとなるとここではどうすることもできない。」

そうなんだ・・・
でもいちこ、とりあえず問題ないみたいだから良かった

医「カンジダだとやたら痒がると思うけど・・・僕は経験ないからなぁ。」

あ、そうですね先生男性だし
患者にもいないんですもんね

医「男の子はよくタマタマかいたりするけどね。

 気持ちイイ・・・んだよあれは!

アクション先生

・・・ん?

なんで急にテンション上がったん

アクション先生は、突然机に両膝を置き ほんまに↑の絵のようなポーズで「気持ちイイ」というところを強調しました。

医「なんでか解る?タマには皮下脂肪が無いんだよ。だから刺激が直接伝わる。」

あそうですか

・・・えっと、先生??

顔が・・・・





うっとりしちゃってますけど・・・!?


医「だからやめられなくなる。男の子はそれでトビヒになったりするから気をつけないとね。」(キリッ)

医者っぽい着地点にキターーー(笑)



結局、いちこは薬も何も無しでした。良かった



そんなアクション先生、私は大好きなのですが、最近職場のママさんと小児科の話になって。
私が曾合病院に行ってますよって話をしたら、

マ「あ~、あそこすんごい話好きの先生いない?」

私「いますいます!」

マ「もう何年も前になるけど長女を連れて行ったときに、何かの流れで食べ物の話になって。
生卵の話が出たときに突然

なまたまごぉ!?

あれはね!毒みたいなもんです!!

大人とか免疫ができてる人だったらいいけどね!
小さい子にはダメ!!

絶対ダメ!!!

・・・って、もうなんか生卵に恨みでもあるんかってぐらい

なまたまごぉ!?

って言い出して(笑)
それ以来私達親子の中では“生卵の先生”で通ってる(笑)」

え~~~!!!
生卵ってそこまで危険視されてたっけぇ!?

マ「今度行ったときに言ってみなよ!
 “生卵って・・・どうなんですかね~?”みたいな感じで!」

私「アハハ!言ってみますwww」



てゆーわけなんで。

男の子のお母様方、金玉ポリポリにはお気を付けください。

こちらからは以上です。