こんばんはー茜です。

3歳の娘いちこは、インフルエンザにはかからずこの冬を乗り越えられそうです!!

私といちこ

以前の園では入り口に「インフルエンザ○型 ●人」とかって感染児情報が張ってあったので、どれだけ感染症がこの園ではやっているのか判断できていました。

今の保育所では、「××市でインフルエンザにかかる人が増えています。手洗い・うがいをしましょう。」って警告が入り口のところに書いてあるだけなので・・・。

1月の半ばに、インフルエンザ、そろそろ保育所でもはやり出したかなって思って保育士に聞いてみたら、

「もう下火になってきました^^」

との答えで、ちょっと拍子抜け。

私の周りでは(職場とか家族とか)インフルエンザにかかった人がいなかったので、今年の蔓延具合がイマイチわからず。。。みなさんのとこはどうでしたか??



さてさて、今日はいちこが生理を知った時のことを書きましょー。


ある日、私がトイレにいると、いつものようにいちこが入ってきました。

トイレに入ってくるいちこ

子供って当然のように親が用足してるところに入ってきますよね。
鍵かけたらそれはそれでうるさそうなので、いちこのしたいようにさせてます。

その時生理だったので、私のお股を拭いた紙を見て、血が出ていることに気づいたいちこ。

「お母さん血がでゆうが?」

「うんそう。」

「おなかいたいが?」

「お腹は痛くないよ。大丈夫。」

「だいじょうぶなが?」

「女の人は大人になったら時々血が出るがって。」

と、ゆーやりとりをした次の日か、次の次の日でしたでしょうか。


その時は年末で、姉一家が実家に帰省してきていて、私たちも実家に行く準備をしていました。
私は普段布ナプキンを使っているのですが、義兄が来ている時にナプキンを干したり風呂場で洗ったりするのはためらわれました。そこで、普通のビニールナプキンを着けて行くことにしました。
(普通のナプキンって、紙ってゆうよりビニールに近い気がしませんか)

夫が隣の部屋に行った隙に、自分のパンツにナプキンを装着した私を見て。。。

い「いちこもする。」

私「え?何を??」

い「いちこも母ちゃんがしたやつする。」

いちこはパンツを下ろそうとし始めました!

私「え、ナプキン!?いこちゃんせんでいいよ!これするの大人だけやから!」

い「いちこおとなやもん!」

私「これお股から血が出てるときだけだから!」

い「いちこもちぃでゆうもん!」


あんたそりゃぁ
ウンコが固くて
お尻拭いたときに
ちょっと血が付いてただけや!

私「いや、いこちゃんもう血ぃ出てないし!大人になったらナプキンしたらいいから!

いやだ

あ~~~なんか怒り出したーーーー


・・・でもこの年頃の子にナプキン着けさせるのって、なんか嫌!!

よーわからんけど、

絶対イヤ!!!


・・・ってわけで、この時はなんとか死守しました

「いこちゃんに生理が来たらちゃんとナプキンの付け方教えてあげるから!」とかなんとか言ってその場は収めたんだったかな・・・?忘れた

そのやり取りを聞いてた夫が、「もうすでに性教育か・・・(笑)」って苦笑してたのだけ覚えてる


でも、それ以降いちこが私の生理に関心を示すことはなくなりました。
お風呂でナプキンをじゃぶじゃぶ洗ってても、私が股を拭いた紙に血が付いてても、特に心配もしない。

お手伝い大好きないちこが、「いちこもあらいたい」ってゆうから、
「いこちゃんは生理が来たら自分のナプキンを洗いや」って言ってあげたら、納得してた。(多分)


同世代の母親が、年頃の娘に生理のことをどう教えていいか悩むって話、聞いたことあります。
その時、私は
「えっ、なんで女同士でそんなこと言えないの」
ってびっくりした覚えがあります。口には出しませんでしたが。


自分の身体のことだし、とっても大事なことだから、私はオープンに娘に教えたいと思ってます。
あんまりしないけど、もしいちこがお股を触ってても、「汚いよ」とか「そんなとこ触っちゃダメ」とかっては言わないつもり。
「そこ、人前で触っちゃダメだよ」って言うにとどめようかなって思ってます。


こんな感じ―

眠いから短いネタでしたー
おやすみーーーー