こんばんはー茜です。

娘のいちこは3歳です。
私といちこ


私はずっと、いちこが生まれた時から自分のことを「かーちゃん」って言ってきました。
一人称は「あたし」なので、最初の頃はいちこは「かーちゃん」って呼んだり「あたし」って読んだりしてました。
トトロではサツキやメイが「お母さん」って呼ぶので、いちこも自然に「おかあさん」とも言うようになったかな。
あと、私の姉や母は「茜」って呼ぶのでいちこも「あかね」「あかねちゃん」って呼んだりしてたことも。

さらに保育所に行き始めると、保育士やお友達から「ママ」という呼び方を覚えました。


今では「かーちゃん」「お母さん」「ママ」の三つが混在してる感じです。


ところが、最近のいちこは、私のことをこう呼ぶようになりました。


「店員さん」


と。

ゴミ捨て中

*ゴミ捨て中、台所から「店員さん」と呼ばれるの図


何故こうなったのか。


●風呂嫌いの娘の身体を何とか洗おうとして、店員は生まれた


いちことお風呂に入っている時です。
私はこの時に自分の髪・身体・顔と全て洗うので、その間いちこは手持ち無沙汰。
ほんとはいちこを先に洗ってから自分の事をしたらいいんでしょうが、いちこは身体や髪を洗われるのがキライなんです。めんどくさいんでしょう。

そこで先ず自分を洗うわけですが、終わった頃にはいちこは「もう出るー」と言い出します。

私「いこちゃんまだ何もやってないやん!身体洗うよ!」

い「からだあらわ~ん・・・」


出た!!

あたしが言ったことは取りあえず拒否するやつ~!!!


そこで私が考えた苦肉の策が

お風呂や

私「じゃあかーちゃんがお風呂屋の店員さんになって洗ってあげます~
 いらっしゃいませ~」

声色を変えてゆうと、いちこはにぱっとしました。

頭洗う

一通りいちこを洗うと、今度はいちこが店員さんになって私の身体を洗ってくれました。
(え、かあちゃんもう終わってるんやけど
横向いて、次足あげて、後ろ向いて・・・と細かく指示を出すいちこでした。


それ以来、お風呂では“店員さん”になるようになった私。


・・・お風呂屋さんてなんだ!?ってまともな疑問を持たれました世間一般の皆様。




そこは流してください!!




そして、いちこは優しい店員さんが大好きになり、普段でも「店員さんになって~?」と言うようになりました。
運転中、料理中、食事中・・・。

そして、ついに私への呼びかけも

にこにこいこちゃん

・・・とゆーように(笑)

実の娘に「店員さん」って言われるって、なんか笑える(笑)
私が声色を変えて敬語で話しかけると、いちこもですます口調になってとっても可愛いのです♡


●そんないちこの次のブームは「素敵なお姉さん」


二歳の頃はごっこ遊びにもあんまり興味がなかったいちこですが、やっぱり成長すると大好きになってきました!

最近はお医者さんごっこをするようになりました。

「のどがいたいでしゅ~。」なんて言って、注射をして欲しがります。

腕をこする→何か細いもので注射を打つフリ→注射したところにシールを貼ってあげるフリ

この流れを四本足全てにやってほしがります。

最初の頃は、

い「かんごふさんになって」

私「“今日はどした?”・・・看護師さんてこーゆう口調の人が多いで」

い「ちがう、おいしゃさんになって」

私「“ハイ、今日はどうしましたー?”(ちょっと偉そうな口調で)」

い「ちがう、やさしいおねえさんになって。めっちゃめちゃきれいなおねえさんになって。」

どうやらいちこは敬語で優しく話しかけてほしいようです。

私「・・・めっちゃめちゃ綺麗なお姉さんにはなれん・・・・だってかーちゃんこんな顔やもん(笑)」

2ac294b4-s
(こんな顔)

い「じゃあすてきなおねえさんになって!」

・・・素敵なお姉さん?どうやるんだ??

と思いつつも。

素敵なお姉さん

と、髪をかき上げ(?)ウインクしてあげています。
最近は、素敵なお姉さんはお嬢様言葉を話すとゆーキャラに育ちつつあります(笑)


い「いちこすてきなおねえさんだ~いすき!やさしいもんね~♡」

と、いちこは素敵なお姉さんキャラに満足そう。




えっ・・・。




母ちゃんも充分優しいやろ!?


ね!?ね!?(押し売り)