こんにちは、茜です

久しぶりの子育てネタです
もう久しぶりすぎて、娘が今2歳何カ月なんか実はちょっとよくわからない
そんだけ久しぶり。


さて、娘のいちこは、1月4日から保育所に通い始めました。
違うな、通わせ始めました。

それまでは私と離れたのは、私が美容院行く時とか、
仕事の面接で祖父母に見てもらったりとか、そんだけ。


でも、初めての場所へ行っても、1時間ぐらいで慣れてキャッキャ遊び始めるし、
近所の小学生達にも可愛がってもらってるし、
保育所へ預けても大丈夫じゃないかな~って、私たち両親は思ってました^^



それが、大きな誤算だったことを、その後痛感することになるとも知らず。




まず、一日目。
最初は慣らし保育で、12時に迎えに行きました。

保育所へ行くと、いつものように子育て支援センターへ遊びに来たと思ったいちこ。
私たち両親が手を振って帰るのを、きょとんとした顔で見ていました。

afa
(いつ絵上手くなるん)


そしてお迎えに行くと、いちこは保育士に抱っこされていました。

私たちの顔を見つけると、

image(1)

もう泣き笑いの形相で、飛びついてきたんです。

あさ無題


急に私たちがいなくなって、不安で不安で、ずっと泣いていたとのことです。

その後不安→安堵感ですっかりハイテンションになり、夜までハイだったいちこでした。
いちこにとっては、ジェットコースターのような一日だったでしょう。



それから、毎朝いちこの試練が始まりました。

保育所へ行くと、私にしがみついて絶対に離れようとしないのです。
ギャンギャン泣くいちこを、保育士が引きはがして、
私も私の服を掴んでいるいちこの指を引きがして・・・

そんな辛い別れ方をして、仕事に行くようになりました。


でも、一番心が痛むのは、再会の時でした。

いちこは、私を見ると抱き着いて、おいおい泣くのでした。

ががが無題

そんないちこを見るたび、夫婦の選択を省みずにはいられませんでした。


本当に、今の時期に私が働かなければならなかったのだろうか?

もっといちこが大きくなってからでもよかったのでは?

いちこの方から、友達との交流をしたがるような、そんな時期を見定めることができたんじゃないか?

いちこには、もっと母親といる時間が必要だったのでは?

私の仕事は、いちこにここまでの負担を負わせてまで、するようなことなんだろうか?

・・・







そんなふうに考えるたびに、頭によぎる言葉がありました。


正月、実家で過ごしていた時のことです。
いちこが保育所へ行く1月4日の朝は大寒波だ とニュースが伝えていました。

「え~、最悪・・・。そんな時に早起きしてなんで仕事行かないかんの

今まで朝は惰眠を貪ってきた私には、絶望でしかありません。


そんな私に・・・

かがgは無題


母です!!

母のお叱りを受けたのです!

「あんたも働くと決めたんなら腹をくくりなさい!!」


ハッ

・・・そうだ、私がぶれてちゃいけないんだ、一番振り回されるのはいちこなんだから!



私は、いちこの送り迎えで心がぐらつくたび、そんな自分の心を押さえつけました。


いちこに辛い思いをさせているのは事実、

でもそれが間違っているかどうかは、今はわからない。

私が働き始めたことが、最終的に良かったのか悪かったのか、判るのはもしかしたら数年後かもしれません。

今は、いちこに負担になっていることを自覚しつつ、私たち親が元気に働きに出る姿を見せるしかありません。



いちこも、最初の2日間は泣きましたが、私がいなくなると遊び始め、笑顔も出始めました。

慣らし保育が終わって夕方までいるようになると、お友達の親が迎えに来る姿を見ては不安になり、また泣きたくなるのでした。

そして迎えが17:40を過ぎると、子供たちを一部屋で保育するため別の部屋に移るのですが、そうなるともう不安で不安で、最初の数日はやっぱり泣いていました。
外も暗くなっていますからね・・・。

そして、私が現れると、しがみついておいおい泣くのでした。

ががが無題

それでも日が経つと、泣かずに再会できるようになってきました。

保育所に迎えに行くと、お友達に交じって遊んでいるいちこの姿を見るようになってきました。
そして、お互い笑顔で抱き合えるようになったのです。

いちこは、お友達にお迎えが来ると、

「よかったねぇー!
ママきてよかったねえー!」

って、一人ひとりにゆうそうです(笑)

あああああ

朝の別れは、まだ笑顔でという訳にはいきませんが・・・


●家での変化

さて、そんないちこですが、家でももちろん変化が起きました。

まず、甘えん坊になりました。

私が洗濯とかトイレなどで視界から消えると、探し回るようになりました。
そのあと抱っこを求めてくるように。


そして、寝るときの授乳が再開しました

え、あれだけ苦労して断乳したやん!

2017年12月14日


もう母乳は完全に止まっていると思うのですが・・・(白目)


断乳してからさいさい風邪をひき、寝づらそうな時にお乳吸わせてあげてたら、保育所行きだしてからも欲しがるようになり、
「いいよいこちゃん頑張ってるもんね♥たまにならいいよ」って言ってたら毎日吸うようになった

土日の昼寝はさすがにお乳無しで寝てますけどね・・・。




そんないちこですが、4月から保育所変わります。
今の保育所は海と川から近くて、災害がちょっと心配なので、
職場からは少し遠くなりますが山沿いの保育所に希望を出したら通りました。

ほんとうに振り回してばっかやけど、子供の柔軟さ・可能性に期待して、家族で乗り越えたいと思ってます^^



こんな感じ―


おわり。





ささてさ