こんばんは、茜です

わたくし、来年から、年賀状やめます。

680f18de-s


正確にゆうと、義両親と大学の頃のバイト先の店長の2枚だけにします。

それ以外はメールやラインで済ませます。

もー、年賀状すごい大変で
時期が決まってるし、毎年のことやから計画的にすりゃーいいんやけど、

できないんだよねーーーー


でもね、葉書そのものはいいと思うんですよ。


「年賀状は贈り物だと思う」の画像検索結果

たった一枚の、小さくて、うすい紙。
それが年賀状です。
そこには何も入らない。
指輪も、セーターも、シャンパンも入らない。
でも、そこには、あなたを入れられる。
あなたの気持ちを、あなたの言葉を、
あなたの表現を入れることができる。
だから年賀状はすばらしい。
そう思いませんか。
大切な人のもとへ。
一年で、いちばん初めに届けられるプレゼント。


「年賀状は、贈り物だと思う。」

凄いいいキャッチコピーやなと思ってて。
ほんとそうやなって、私も思います。

ここは別に年賀状じゃなくって、「手紙」とか「葉書」でいいんですけど、
あんな薄っぺらい紙切れに想いを乗せられるって、凄い素敵なシステムだと思ってます。

そこで、私は義務で“書かなければならない”年賀状をやめて、

今年は実験的に暑中見舞いを何人かに送ってみました。


私はポストカードが大好きで、旅行した場所ではいつも買うんですけど、
これからはそんなポストカードを使って友達にご機嫌伺いをしようと思います。

友達の反応も様々で、手紙を返してくれる人もいれば、ラインを送って来てくれる人もいます。
年賀状よりもサプライズ感とオリジナリティが出せるので、喜んでもらえてるみたいです。

暑中見舞いなら、時期はあんまりこだわらなくていいし、

なんなら「暑中見舞い申し上げます」なんて言葉がなければ、時期的には残暑であろーが
気軽に送ることができますからね^^


葉書だと、受け取った方も絶対アクションを起こさないといけないわけじゃないので、私も気楽なのです。
葉書って、一方的なラブレターみたいなもんで、返事がなくても私は相手への想いを伝えれただけで満足なのです。


てわけで、年賀状やめます宣言でした☆



おわり。