こんばんはー茜です

ドメインの移管しなきゃって思うと、ブログ書きたいこといっぱいあるのに書けない―――
ブログ書こうって思うと 頭の中でもう一人の自分が

「は?ドメインが先だろバカ」

ってゆーもんだから


でも今日は書く―!!!



・・・最近ね、私は子育てに少し行き詰っておりました。

二歳の娘・いちこが、お出かけの度に帰りたくないと言って大泣きするもんですから。
何言っても聞いてくれないし、
本人は眠い+空腹もあって、もう毎回パニックになっちゃって。

車に戻るのを断固拒否、車に何とか連れて行っても、チャイルドシートに座るのを絶対拒否。

店の中でも入り口でも駐車場でもお構いなしに転がって泣きわめく。

でね、チャイルドシート、絶対に座らさなきゃいけないの、解ってるんですよ。
でもできない。

私だけでは、暴れるいちこを押さえつけてチャイルドシートのベルトに身体を固定させることが、どうやっても無理。
腕2本じゃ無理。

image
チャイルドシートこんな感じ。

暴れるいちこの両腕をベルトに通すことも無理やのに、
さらに股ベルトのバックルに、タングを合わせて差し込むのに両手がいる。

でも暴れて抜け出そうと身をよじるいちこを押さえつけるのにも両手がいるやない

膝でいちこのお腹を押さえつけたりしてこっちも必死やのに、無理!
物理的に無理!!!


なんでチャイルドシートこんなに付けにくいんだよ
子供が座ったら自動的にベルトが出てきて子供を押さえつける設計にしろよ!!

tyairuso
・・・と、チャイルドシートのメーカーへも怒りがわく

勿論いちこにも、

そして場をうまく収められない自分にも。


んでどーなるかとゆーとね、チャイルドシートに乗せるの諦めて、車を走らせるわけです
公園にでも行けば落ち着くかなとか
とにかく早く家帰って寝かせてあげなきゃ!とか思って。。。
助手席にシートベルトして座らせてあげて。
もちろん事故ったら、いちこはフロントガラスを突き破って車外へ飛び出すでしょう知ってます

そして助手席に座ったいちこは、相変わらずギャンギャン泣きながら私と手を繋いでいたがるのです


・・・でももっと最悪なのは、助手席にすら座っていてくれず、運転中私の方にずり寄って来て、抱っこを求めるときです
危険極まりない

もう本当にどうしていいかわからないし、急いで止まって、いちこを後部座席にブン投げたくなる

いちこに腹が立って、腹が立って、腹が立って・・・。


帰ってきたら帰ってきたで、車から降りない。
寝かしてあげようと家の中に連れ込んでも、絶叫して外に飛び出す。
そのまま車に乗り込んで泣き続けるか、散歩に行きたいと要求する。
散歩に付き合ってあげても、ずっと抱っこをせがむし、家のほうに歩きだすとまた身をよじって泣き叫ぶ。


・・・・・こうゆうことが、何度か起きました。


私は、いちことの外出が怖くなりました。

磯とか、山の公園とか、スーパーマーケットとか、いちこと一緒に行きたいところはたくさんあります。
でも無理です。


やっぱり、私ができたのは、赤ちゃんの子育てまでだったんだ
いちこにいろんな経験させてあげたかったけど、私にはできないみたい
この子は今はニコニコしてご機嫌だけど、またああやって暴れだす
怒鳴りたくない、叩きたくない、でも近いうちにそうなりそう
・・・・。


・・・なんか子育ても熱意を失って、家事もする気が起きなくて、ずーーーーっとテレビを見せてた日もありました。2日ぐらい。


んで、夫が私の不機嫌に気づいたんで、今日あったことを話したんですよ。
運転中にいちこが抱っこを求めてしがみついてきた日でした。
ほんとに怖かったし、殴りつけてでも止めさせたくなったこと、もうどこにも二人で行きたくないことなんかを。

そしたら、夫も怒りだして。あ、私にですけど。

「前にタイマーアプリ教えてあげたけど、どうしてそれせんの?
急に帰るよって言われても、こんな小さい子が解るわけないやろ!
視覚的に見通しもたせて、次何があるか解らせてやらんかったら、言葉でゆうだけでは解らんこともあるやろ!」

「・・・タイマー見せたって、どうせイヤって言うと思う・・・(ブツブツ)」

「やってもないうちから何いよんな!
最初は無理やり止めさせたりすることもあるやろうけど、何回もやってたら解ってくるから。」

(*夫は子供と関わる仕事をしているので、私よりもよっぽど子供の扱いが上手いのです)

「今日だって、タイマーなり絵カードなりで帰るってこと教えてあげたら、そこまでごねんかったかもしれんのに」

(*この日は午前中子育て広場に行っていたのです)

「他のみんなが帰りだしたんやから、見たらわかるやろ」

「それ!そうやって子供が悪いことにして。
“それぐらいできないかん”とか、それ大人の都合やん。
何で子供に合わせてあげんの?合わせたら負けなん?」

「・・・イヤ、そうゆう訳では・・・。
あたしのゆうことはだいたい嫌がるから、どうせゆうこと聞いてくれんやろなって・・・(モゴモゴ)」

「最初からできんって決めつけて。
何回も失敗して、いろいろ手さぐりで試して、みんな積み上げてるんやろ?

「(ハッ)」

「これぐらいの子なんて2割か3割こっちの思い通りになったら上等よ。

無理やり叱りつけて子供がゆうこと聞くようになっても、それは大人にとって“都合がいい子”なだけ。」

「(ハッ)」



・・・そうだ・・・。

私はいちこをそうゆう子にしたいわけじゃなかった・・・。

挫折して絶望してどん底のときでさえ、「自分は今辛いけど、この世界って本当は面白いんだよな」ってことを思い出せる人にしてあげたかったんだ。

みんな失敗してるんだ・・・

わからないことだらけなんだ・・・・そうだよ・・・・

自分が、特にセンスがないから、いちこがいつもこうなってしまうんだと思ってた。
私が超絶頭悪いから。

でも私はやり方をわかってなかっただけかもしれない・・・。


忘れていた、私はこんな記事を以前書いていたんです。

2017年08月18日

“子供と自然体験を楽しみたいなら、3割ぐらい楽しめたらいいやぐらいに思っておきましょう”みたいな内容。

それなのに、今回全てダメだと思っていた。
余裕をなくしてた。
ダメでもともとでいいんだ。



そこで、その話し合い(説教)の後、こんな絵カード作りました。
image

タイマーが鳴ったらチャイルドシートに乗って帰るよって意味。

まだ使ったことないけど、カバンの中に忍ばせておこうと思います。(ってゆーて即行忘れたけど)

直近のスーパーマーケットでのお買い物は、まだ帰りたがらないいちこに時計を見せて、

「あの一番長い針がてっぺんまで来たら帰るよ。それまでは遊んでていいよ」

「タイマーかけるからね。これが鳴ったら帰るよ」

「ほら、今これぐらいやで。」

なんて言い聞かせ・・・
車までは素直に連れて行くことに成功しました。
車の中では暴れたけど。
でも暴れ具合が60%だったからなんとかチャイルドシートに乗せれた



なんか・・・・

ここ最近で、子育てが難しくなってきました。

一歳までは文字通りペット感覚で、可愛がるだけでよかったんですけど
もうこれからは人間の子育てですね・・・・

しかもいちこが大人になる頃って、私たち世代の価値観や経験は、ほんと役に立たなくなってるでしょうからね
AI社会、温暖化による苛烈な地球環境、少子高齢化国家で日本は没落。

そんな中で、新しい価値観、新しい決まり、新しい方向性を決めていかなければいけません。
すごく難しい時代だと思います。

私はそんな世の中で、いちこが自分で答えを出せる人になってほしいのです。
そうゆう子育てをしていかないといけません。
そうゆう子育てができる大人にならないといけません。


はーーーー


わっかんねーーーーー



わからんけど



夫がおってくれてよかったー




*タイマーアプリは、「視覚支援アプリ☆子育てらくらくタイマーfree」ってやつです
他にも同じようなのいっぱいあります
ブログにリンクを張りたかったけど、説明してあるサイトとGoogle playのサイトの仕様が違っててわかりませんでした



ほんじゃね~