こんばんは―茜です
2歳の娘を育ててます

今日は、ずっと前から下書きに入ってた記事を完成させて投稿しまーす

タイトル通り、「子育て後発組で良かった2つのコト!!」

私が娘を生んだのは33歳。その数日後に、34歳になりました。
今の日本の初産の平均が30.6歳なので、だいぶ遅いことになります

当然職場でも地元の友達でも、殆どの人がもうすでに子供を産んでいました。中には4人いるなんて人も、珍しくありませんでした。

そんな中で何とか私も娘を授かったわけですが、子育て後発組の恩恵をたっぷり受けています。それを書いていきますね。


1、子供用品をもらえる!これは助かる!ありがたい!ありがとう!!!

姉や友達、職場の人たちから、もういらなくなった子供用品をいっぱいいただきました!
周りの人はもうすでに子供が2~3人はいて、子産みは辞めてるので、「愛着があって捨てられないけどもう要らない子供用品」を喜んで恵んでくれました

哺乳瓶、子供服、ベビーカー、ベビーチェア、おもちゃ、布おむつ一式、靴、ベビーバス、三輪車、おまる・・・。

どれだけ助かったかわかりません

DSC05964

子供が赤ちゃんのうちや、妊娠中なんかは「それって使うの??」って思うこともありましたが、とりあえず全ていただきました。
それでわかったことは、“何でもあったら役に立つ!”ってことです。

例えば、我が家のお風呂はとても狭いので、最初はベビーバスなんているの?って思ってました。私が一緒に湯船に浸かればいいし、なんなら台所の流しにお湯溜めるか、大鍋に入れたらいいんちゃう??って。
(我が家には炊き出しに使えそうな大鍋があるのです)

で、とりあえずベビーバスをもらって思ったことは、

「あたしバカやったな・・・(遠い目)」

ってことです
何が大鍋だよバーカ
赤ちゃん日ごとに大きくなるんだよ
大鍋なんて生後2カ月もすりゃはみ出すわ!

新生児と一緒に湯船浸かるって自分の体拭く間赤ちゃんどうするんだよって話。

・・・みたいなね。

何にも知りませんでした。
最初は狭い家に物増やしたくなくて、代用できるもので済まそうって思ったりもしてたんですけどね、今だったら言えますね。


貰っとけ?

って。
DSC_2657


2、先人の子育ての失敗を活かせる

二つ目は、周りの人の子育て失敗談を活かせるってことです。

例えば、職場の人がこんなことを言っていました。

「子供たちも小さい頃は “お手伝いする!” なんてしょっちゅう言ってきてたけど、
自分がやる方が早いから “いいよ~勉強しててね~” なんて言い続けたら今では手伝いなんてやろうともせん」

・・・フムフム、小さいうちからお手伝いへの好奇心は断たない方がいいのかφ(・_・”)メモメモ

おかげで娘は今お手伝い熱が凄いんですけど、できるだけ叶えてあげています^^

image


それとか、知り合いの子供に、食事の仕方がすっっっごく汚い子がいました。
出会った頃はすでに小学生だったんですけど、お箸やスプーンの持ち方がめちゃくちゃで、手で食べ物を触りながら食べ、その指をなめてから服で拭くのです。
食事中、ずっとそんな食べ方なのです。

親がなぜ指導しないのかわかりませんが、その子がそうゆう食べ方を身につけたわけは、身体に合った食器を提供されていなかったからでした。
そこの家庭は食器には拘っていたのに、なぜか子供サイズの食器を用意してあげなかったようです。
見る度に、大人用の長いお箸と大きな食器で食べていました。そのため握り箸になり、重くて大きな器を持ち上げられないので、犬食いをしていたのでした。そしてその食べ方が固定化していたのです。

極端な例ではありますけど、子供の体に合わせた道具を渡すのは大事だって思いました。そして、汚い食べ方がどれだけ周りの人を不快にさせるかも。
いちこは二歳で、とてもお行儀がいいとは言えないけど、目指すべき食事の躾は忘れちゃいけないと思ってます。



*******************


子育て後発組で良かったことを書きましたけど、これ、逆にゆーたら、子育て後発組で良かったことが二つしかないって意味ですからね。
いいとこ見よーね、いいとこ。

18とかで産んでる友達が羨ましく見える今日この頃。

おわり。