こんにちはー茜です
いつも見に来てくれてありがとうございます

なんかね、ライブドアブログにそそのかされて、独自ドメインを作ろうとしてなんか失敗して、URLが変わったのかどうなったかわからんけど、以前のブックマークからこのブログが見えんなりました。
(今運営に問い合わせ中)
ブログのタイトルで検索したりホーム画面を見ようとしてもページ読み込みエラーになっちゃうんですよね・・・。

ブログはやめてないので、問題が解決するまでにも記事を書いていきまーす
ご迷惑をおかけしてたらごめんさい!!!



ほんじゃ今日の記事いっきまーす

*このネタはね・・・・ほんとは書きたくなかった。
 消し去りたかった自分の記憶から。
 でも絶対忘れちゃいけないから、こーして記事にして追体験するのです
 ほんで全世界に公開して、ますます恥ずかしさを感じることで 絶対忘れないように心に刻みつけるのです・・・
 (変態の心理といわれよーがしったこっちゃねーーー)


私は以前、こたつで麹を作ってどぶろくを作った記事を書きました。

この記事の最後は、こうして締めくくっておる。


“すごい!!!
今までに最っ高の出来!!!

・・・とはいえ、写真ではわかりにくいですが少し発酵させ過ぎたみたいで裏側は茶色くなっていました。
これは味噌用にします

こたつイイですねえ

味噌づくりも楽しみーーーーーっヾ(=^▽^=)ノ


こたつで醸したらすっごいいい麴ができたって話ですよね。

image

それで味噌を作ろうと、ノリノリだったんですよ。

その続きを今日は書いていきますね。



えーとね、あれは3月20日。

22日に九州から友達が遊びに来てくれる予定で、私は何日も前から掃除をしていました。

それと並行して、味噌づくりもやってしまおうと思って、大豆を水に浸けてました。


大豆は2キロあり、18時間浸けたら膨張してすごい量になりました。

この後3時間は茹でて柔らかくしないといけないのです。

3時間て。


やりましたよー

掃除して、洗濯して、娘の面倒見て・・・ってしながら。


そして私は買い物に出かけました。

友達はうちに二泊する予定だったので、いろいろと食材の買い出しに出かけたのです。


ゆっくり買い物して、店内のパン屋さんでいちことお昼ご飯食べて、生活雑貨コーナーも見て回って、んでもう帰ろうとして、いちこをチャイルドシートに乗せたときですよ。


あたし、思い出したんす。



大 豆 の 火 、



止 め て な く な い 

・ ・ ・ ?




これ今書いてても身の毛がよだつんですが、そうです、私火を消し忘れて外出してたんですよ

最後に見たときは、水は豆のちょっと上ぐらいまででした。


ふたしてたけど・・・!

弱火にしてたけど・・・!


もう祈りながらとんで帰りましたよ

普段からうっかりを自認してますが、まさか自分がこんなことまで忘れるなんて


しかも悔しいことに、出かける少し前、火を止めようとしたんですよ

でもまだ15分ぐらい余裕があったから、直前に止めようと思ってその時は止めなかったのです。


あの時に止めていれば・・・!



もう道中怖くてね、家の方向に煙が出てないかとか、

風に煙の臭いがしてないかとかね、

サイレンは鳴ってないかとかね・・・

心臓バクバクもんでした。


この頃は連日晴れ続きで、空気も乾燥してたし風も吹いてたので。

毎日のように“火の取り扱い注意報”が出てました。



それで、家に着いた時に見たものは、
















いつもと変わらない家の外観でした。


でも、急いで台所の勝手口を開けると、中はもうもうとした煙で・・・・・・
















ってことはなく。


煙はありませんでした、ハイ。


けど、かなり焦げ臭いにおいが充満してました。



私は急いで火を止め、水を入れて、貯まった熱から発火しないようにしました。


この時、火を止め忘れて外出したってことも大バカもんやけど、さらに私は致命的なミスを犯しました。


水をなみなみ入れてしまったのです。



それによって、焦げの臭いが一気に大豆全体に行き渡り~


2/3は無事だったのに、全部苦臭くなってしまい~・・・



私はなんとか焦げてない大豆だけでも救おうと、水の中からすくい出したのですが・・・。


どんなに味見しても、苦くて臭くてひどい味。

食いしん坊のいちこがやってきて、すりつぶした大豆を食べて・・・


BlogPaint

BlogPaint

ゴーヤでもピーマンでもネギでもセロリでも大人用のカレーでも何でも食べるいちこでさえ、この表情。


それでも私は、なんとか救いがあるのではないかと、ネットを徘徊しながら大豆をすり潰し続けました。


一升分の麴と混ぜたしね!臭い薄くなってるんじゃない?


発酵するしね!

発酵は宇宙だから。中和したりしてね!


燻製ってのもあるし!ホラ、あれって煙の香りを楽しむものじゃない?



・・・・。



なわけねーーーーー。



ネットでも焦げた大豆で味噌を作った例は見つけられず、

(底の大豆は焦げたけど、焦げてない大豆を使って味噌づくり成功しておられた人ばっか)

毎年味噌を作っている母に聞くと、やはり焦げた大豆でできた味噌は美味しくないし変な味とのことでした。


あたしってば、往生際が悪くて 結局すくい出した大豆全部潰して麹と混ぜたで。

DSC06613


物凄い量になった。


どう考えても用意してた容器に入らないってゆーね。


DSC06614
測ったら6キロあった。

捨てた大豆もあるから、二キロの大豆で味噌を作ったら一年分は充分できるってことだな。




・・・ほんで、この焦げ焦げ大豆、ジャガイモの肥やしになりました。

ジャガイモには枯れ草をたっぷりかけてマルチしたから、その下にまいてやりました。

微生物は大喜びしたことでしょー



臭いのせいで夫にもバレたし、味噌づくりもトラウマになったし、本当に恐ろしい一日やった・・・・・

無事だったことを感謝すべきか・・・・・・。



今回の教訓。


1、大豆を湯がくときは、3時間かかろうと他の用事をしない。

 本でも読んで台所に張り付いておく!!!!!


2、出かけるとき、寝る前は元栓を閉めるようにする。

 今までは、

 「なんで出がけに元栓閉めるの?コンロのスイッチは一人でに回るものでもないのに??」

 って思ってた。

 確実に火の元の確認をしたってゆー、自分への安心のためだったのね・・・。


3、底が焦げても水をなみなみ入れない!!!



あーーーーーー

書いてたら当たり前のこと過ぎて辛い。

もう自分が怖い。

あたしってサザエさん以上。




(でも味噌はまた作ります)