おはよーさん、茜です
高知県で一歳五ヶ月の女の子育ててます


高知県安芸市に、「すこやか文庫」ってゆー、週に二日しか開いてない子供のための図書館があります。
DSC06461

DSC06462



すぐ隣の津田クリニックが運営しているので、グーグルマップでは津田クリニックが表示されています


以前姉が子供たちと遊びに行ってとてもよかったと言っていたので、私もいちこと行ってみることにしました。


倉庫のような外観の建物の二階に上がると、中は木造で絵本がいっぱい!!
DSC06452

DSC06454

一気にテンションが上がる本好きの私

国道に面した北側に大きな窓があって、車の往来を見下ろすことができます・・・。これは車好きの男の子だったら喜びそう。
DSC06450

DSC06460

今までもいちこを連れて図書館には行ってたけど、図書館って騒いだらいけないから、いちこが興奮してキャアキャア言ったり館内を駆けまわったりするので、急いで本を選んで退散してた。いちこが大きくなるにつれて、自分の本を選ぶ余裕なんてなくなった。

でも、ここでは違う。

ここだったら、いちこにゆっくり本を読んであげれる
絵本を見たいちこが、「あーっ!」「うわぁ。うわあー!」なんて声を出しても、誰の迷惑にもならない。

かるたやクレヨンや画用紙もある。
机もある。
おもちゃやぬいぐるみもある。
DSC06457


2週間5冊までで、借りていくこともできる。

最初に来たときは、いちこは知らない場所に警戒?して本を読んであげてもほとんど聴いてなかった。眠くなったのもあったし。
2週間後借りた本を返しに来たら、友達親子と来たこともあり、ご機嫌で過ごしてた。

一緒に来た友達親子もすこやか文庫に来るのは初めて。
友達の子は、三歳と二歳だったので、いちこはおねえちゃんたちのすること何でも興味津々。
三歳児がお絵かきしてればいちこもクレヨンをひったくるし、
二歳児が音の出る本で遊んでいればそこに行って本をひったくる。


そして、前回は私たちだけだったけど、二回目はぼつぼつ来館者がいました。
その中に、11カ月の男の子がいまして。やっとつかまり立ちするぐらいの赤ちゃんで。

いちこ、最初はその赤ちゃんが遊んでた本を欲しがってたんやけど、どうやら相手が自分よりも小さい赤ちゃんってことに気がついたらしく、かまってあげたくなったみたい。
今まで自分がお絵かきしてたので、
:;

めっちゃクレヨンをゴリ押し(笑)

もちろん、赤ちゃんはクレヨンに興味を示さない。

そしたら次は、三歳児が持ってる鉛筆を取って、
:;
鉛筆をゴリ押し。

もちろん赤ちゃんは鉛筆にも興味を示さない。

すると、しばらく優しさを押し付けてたいちこは・・・
[[

なんと赤ちゃんを後ろから抱きしめ、抱っこしようとしている!

はじめはキョトンとしていた赤ちゃんも、いちこが後ろからぐいぐい引っ張るもんだからついに泣き出してしまいました(笑)
どこに連れていくつもりだったんだろうΣヾ( ̄0 ̄;ノ

半年しか違わんくせに、いちこはすっかりおねえちゃん気取りでした。
そんないちこを見れたのも収穫だった。
いつも、いちこはいとこの中でも一番小さくて、大きい子たちの後をついて歩いていたから。


今回も5冊本を借りました。
もちろん絵本だけじゃなくて、子育てに関する本や、大人向けの本も充実してます。


安芸市周辺にお住いの親子さんたち、まだすこやか文庫に行ったことがない方は、ぜひ訪ねてみてはいかがでしょ?



高知県安芸市庄之芝にある
<すこやか文庫>です。
 
国道55号線沿いの
東向いて右側(海側)にあります。
 
津田クリニックの西隣です。
 
毎週火、金曜日の
10:00~16:00まで
開館しています。
 
大人から子どもまで
約7000書の蔵書があります。
 
どうぞ、お気軽にお寄り下さい。
お待ちしております。
 
すこやか文庫 館長より・・・
 
DSC06456

DSC06449