こんばんわー茜です

フハハハハ今回はすんげ――珍しくお料理がうまくいったってゆー記事だ!!
いつもいつも予期せぬことが起きて大失敗しまくる私のお菓子作り。

今までにこんな失敗の数々をしてきた↓ ↓ ↓

10回中5回はお料理失敗してます。

今回も私がまたやらかしたことを期待してる方、ごめんなさいねオホホホ保保



年末は県外から姉一家が実家に帰ってきたんです

姪っ子のチェリちゃん(5歳)が、私とクリスマスケーキを一緒に作りたいと言ってくれました。

チェリちゃんは偏食家なので、チェリちゃんも好きだというショートケーキを作ることにしました。


でもね、お菓子を作ったことがある人ならわかると思う


シンプルにして基本のショートケーキ。


これ、めっちゃ難易度高いってことが。


実は、素人の手作りでふわふわのスポンジを作ることが難しい。

本の通りにやってても、生地がどっしりしたりしっかりしたり、卵の香りが強すぎたりして、売り物のケーキとはどうしても違う。

だからケーキを作るなら、パウンドケーキやチーズケーキの方がどうしても人気なのだ。


今回はこの本にお世話になりました

「お菓子とケーキ デコレーションの基本」の画像検索結果




この本 本屋で出会ったときアドレナリンがドバドバ出るぐらいときめいちゃって、即買いしちゃった
プロの本格的なデコレーションに飾られたケーキを見るだけでも楽しいし、まるで宝箱みたいに、各ケーキに不思議なフィリングが入ってて、味を想像するだけでときめいてしまう
知らなかったお菓子用語も満載だし、写真集を見てるみたいな感覚でとってもわくわくさせてくれる

今回はこの中の、“イチゴのショートケーキ”にチャレンジ
分量を2倍にして作りました


チェリちゃんは5歳なだけあって、指示はわかるしちゃんとできるし、これ誉め言葉よ、「使える」

何のトラブルもなくスムーズに進み、焼き上がったスポンジはすっごくいい感じに膨らんでた。
これは期待できそうだ

デコレーションはほとんどチェリちゃんの担当。
いちごと、缶詰のみかんと、それから昨日集会所のクリスマス会で出たケーキについてた飾りとで、こんなケーキになりました(笑)

DSC06314

ごてごて(笑)


そして、思った通り、売り物みたいなふわふわのショートケーキだった。
こんなにうまくいったのは初めてだ

DSC06315

次は思い切って三層にスライスしてみよう・・・
そしたらもっとふわふわでゴージャスなケーキになるよね

ちなみに、ケーキをきれいに切る方法は、包丁をお湯で温めながら切ること。もちろん水滴はぬぐう
時間かかるからコンロの火で温めたくなっちゃうけど、火だと包丁が熱くなりすぎてクリームが溶けるからNGでござる。


今回の勝因は何だろう?
正直言って、本の通りに作ってもスポンジって難しいから、よくわからない
ただ、卵を常温にしておいたってことと、
あえて古い卵を使った
ことはあると思う
最低でも賞味期限間近の卵の方がコクがあるし、泡立ちやすいのだ。

卵の賞味期限については ためしてガッテンの卵特集をまとめている記事があるのでご覧あれ
ガッテンで紹介!卵は賞味期限を過ぎても4か月まで食べられる!?


しかし、私とチェリちゃんの横でシフォンケーキを作った姉は目も当てられない大失敗をしていました。

姉はオレンジページのパン特集に憧れて、実家でも作ろうと持って帰ってきていた。

そして表紙の、シフォンケーキの中にクリームを注入したなんとも魅惑のお菓子を作ろとしたのだ


「オレンジページ パン」の画像検索結果




だが、何故か姉はすることなすこと全て失敗していた。

なぜか卵黄を混ぜてもとろりとしたままで、なぜか卵白を混ぜてもどろりとしたままだった。
(本来なら卵黄も泡だて器ですくえるぐらいもったりしないといけないものだし、卵白もカチコチのメレンゲにならないといけなかったらしい)

メレンゲが失敗したのは、姉がハンドミキサーの水滴を気にせず使ったからだし、
(卵白をメレンゲにするときは、絶対に水滴や油や卵黄が入ってはいけないのだ)
卵黄を混ぜたときも水の量を適当に入れたらしい

その結果、シフォンケーキのはずがぺっちゃりした何か小麦粉が焼けたものがオーブンから現れた
写真を撮り忘れたのが悔やまれる

そのぺっちゃりケーキは、半分にカットして生クリームとイチゴをサンドして、クリスマスの朝に食べました。
普通に美味しかったし、朝からケーキを食べれる贅沢に感動しました


いちこも、スポンジを作っている間中自分もやりたがってワーワー言ってたので、ハンドミキサーを持たせて手を添えて生地を混ぜるのをやらせてあげた。
チェリちゃんと洗い物をしているときもギャンギャン泣いてアピールしてたので、流しに立たせてあげた。
いちこは狭い流しの中にあるものを真横のチェリちゃんに渡す、とゆー無くても誰も困らない役で満足していた

DSC06313
姉がいる間に、いちこにもサイズに合ったエプロンを作ってあげよっと。



さあ、お正月は親戚が大勢やってくる。
毎年私はケーキを二つ作って親戚たちに振る舞っている。
とりえのない私が、唯一みんなから凄いと言われる貴重な機会である。今年はどんなケーキを作ろうか、今からわっくわくである。



つづく。



<前回のコメントのお返事☆いつもありがとう^^>

yuu、たくさんのコメントをありがとう!そして、クリスマスプレゼントも本当にどうもありがとう!!!

うん、人工土地周辺で栄枯盛衰を感じたね・・・。
でもあの建物はずっと残っていってほしい・・・。
連れて行ってくれてありがとう^^
うん、オラわくわくしていたぞ☆

さかなクン、前に見たなんかのバラエティ番組で、すっごい博識なのと共演者への愛ある接し方で、一気にファンになったに。
本 気になるよねー!アマゾンで買おうかなぁ。
さかなクン、41歳やって!!もっと若く見えるねえ

>かわいいけど、どこまで許すのかほんま難しいんやろうなあ。

そうなんよ、これから友達と関わりだしたら善悪つけれんこともいっぱい出てくるやろうし、あたし優先順位つけるの全然わからんから、ブレッブレになりそうや