こんばんはー茜です
もうすぐいちこは一歳4か月になります・・・急いでネタを消化していかなくては・・・!


いちこは何でもまねっこをしたがる時期。
大人のやっていることは何でもやってみたい。
彼女の中では、自分はとっくに一人前なのです

そんないちこが、私がトイレに入っているといつものように入ってきました。
私の姿が見えなくなると泣いて探しまわるので、トイレはいつも戸を開けて入っているのです・・・子育てあるあるですネ☆

私がトイレの水を流して立ち上がると、後ろでいちこがなにやらごそごそしています・・・

ふと気づくと、トイレブラシを持って
トイレのお掃除をしようとしているではありませんかーーー!!!


image
 
私はとっさに「汚い!!」とやめさせようとしました
でも同時に、「やらせてあげてもいいのでは?」との考えも

普段は基本的にいちこのやりたい気持ちを尊重するように心がけているので、「トイレをそこまで不浄扱いしなくてもいいのでは」と感じたのです
いずれいちこも自分でトイレ掃除ができるようにならなきゃ困るし
お料理もできるようになってほしいんだから、トイレ掃除もできるようになってもいいよなって。

いちこはトイレのふたを開け、トイレブラシでちゃぷちゃぷ。
その顔は、めっちゃ笑顔。ほんまこんな→ 笑顔でした

そんないちこを見ていると、単に禁止しなくてよかったなと思いました

とめたらいちこはギャン泣きして、ブチ切れながらトイレにブラシを突っ込みたがる

それもとめたらさらにブチ切れてブラシを放る

泣き続ける

とゆー負の連鎖が起きるのも頭に浮かんだからですが。

いちこは今、大人と同じことができる気になって胸アツ状態だし、
「お手伝いしたい!自分も役に立ちたい!褒められたい!!」って要求を叶えることができてめっちゃ嬉しそう

私は

「わーいこちゃんありがとね~めっちゃきれいになりゆう~」

なんていちこをおだてつつ、キリのいいところで終了させました。(手は洗いました)


・・・なので、単に禁止しなくてよかったと思う半面、

「子供のやりたい!をどこまで受け入れたらいいんだろう・・・。」

とゆう大きな疑問にぶちあたりました。


私は、基本的には台所に自由にいちこを出入りさせています
私が料理しているときは、いちこは私の隣で台に乗って、流しに立っています

唐辛子と包丁に触る以外は、好きにさせています
いちこが引出しをあけてタッパーで遊んだり、戸棚の調味料を出して一つ一つチェックしたり、食材のネギやジャガイモをかじったりしていても、声はかけていますが止めはしていません
(戸棚の上がコンロなので、揚げ物をしているときだけは戸棚のところに来ないようにさせています)

お料理英才教育の一環として、台所や食材に親しんでもらいたいからです


そうゆう考えでいたんですが、先日こんなことがありました


いつものように戸棚をあさっていたいちこが、オイルポットを引っ張り出して運んでいたんです

BlogPaint

私がそれに気づいたのは、いちこがオイルポットをキッチンマットの上にぶちまけた後でした

キッチンマットは捨てるハメになり、その後何日も床がつるつるしていました。

もしもっと早く気づいていれば、確実に止めていたでしょう
でもそもそもいちこが戸棚を開けるのを容認していた結果でした
オイルポットは戸棚の一番奥にあり、いちこの手が届かないと思っていたからですが・・・。



さらに後日、いちこがお財布チェックで現金やカードや免許証をバラバラにするのを、禁止することにしました
いつもお財布を入れている引出しが開かないように、ストッパーで止めたのですが・・・。

どうやら粘着力が強すぎて、ストッパーの必要が無くなってからも家具から引きはがせない様子
夫のこだわりの家具だったので大失敗でした


う~ん。

これから、もっと危ないことや判断の難しいことがいっぱい出てくるんでしょうね~・・・
その時そのときで判断を迫られることになると思いますが、
難しいですよね、
子供の「やりたい!」をどこまで受け入れてあげるか・・・。



こんな感じ!


つづくー!!