こんにちは、茜です
高知県で一歳二カ月の女の子育てチュー。


今日はたった今夫がいちことお買い物に行きました・・・
写真をネット注文して取りに行ったり、あちこちお買い物もするので2時間半は帰ってこないと思われます
私はその間、柿の収穫と 糞がたまりにたまって砂浴びならぬ糞浴びをしているかわいそうな鶏の小屋の掃除をしてあげます

でもその前にブログ書こっと♪

さっさと書き上げてやることやったら夫も文句ゆうまい・・・ブヒヒヒ



最近、感動することがありました!

歩くのにも慣れて、靴を履いて一人で庭を歩けるようになったいちこ。
最近はブロッコリーの見回りが日課です

DSC06142

夫が苗を買ってきて大切に可愛がってたら、脱走したニワトリに食い散らかされてしまったので 私が慌てて買い直したブロッコリー。
畑に定植したらモリモリ大きくなってくれました!
今年は大成功の予感☆
(去年は無残な感じに終わりました)

雨が降るたびに大きくなって、もう虫に少々かじられても心配ないんですが、ついついアオムシがついてないかチェックしちゃう。
んで、アオムシのことはほんとーに可愛いと思うんやけど、鶏の餌になっていただく。

カメムシがブロッコリーの葉っぱの上で 日向ぼっこしてたり寒さを凌いでたりするんやけど、それは見つけ次第踏みつぶしてる。


私が庭に出るたびに毎回そうゆーことしてるもんで、いちこも庭に出るとブロッコリーのチェックをし始めた。
私が手のひらにアオムシをいっぱいゲットしてると、それをつまみ上げてまじまじと見つめるいちこ。

BlogPaint

まだ指先の力加減がうまくできないので、いちこが他のことに気がちっちゃうと、指でこねくり回されてアオムシはつぶれたりちぎれてしまう
いつの間にかいちこの指はアオムシの体液で緑色に染まってる
いちこは虫があんまり好きじゃなさそうだけど、アオムシは自分から触れる

いちこの中では生き物が死ぬとかそんなことまだわかってないけど・・・
でも、それでいいと思ってる
虫の生き死にって、うまく言葉にできないけど、人間のそれとは違って特別なことじゃないと思うから。

いちこには虫が身近にいることが当たり前の感覚を身につけてほしい。


そして、いちこがご機嫌なときは、少しだけ私も野菜の世話ができるようになった。

もうツルが伸び始めたエンドウマメのために、畝の雑草の根切りをして、雨が降る前にいいタイミングで定植できたし

DSC06140

(根切りとは、雑草を抜くんじゃなくて土の中に鎌を入れて、雑草の根っこを切る方法
 こうすれば早いし、土の中に雑草の根っこが残るから、土中の微生物や水分などの環境があんまり変わらないですむ。不耕起栽培のやり方。)


次の日は、ソラマメの定植もできた。

DSC06141

ここはピーナッツを植えていたところで、ピーナッツを抜いた後に米ぬかを撒いて刈った雑草を被せておいた。
雨が何度か降ったから、刈れた雑草の下で米ぬかを養分に、たくさんの菌が繁殖していた。
こーゆうのが土を豊かにしてくれる

ソラマメを植えているとき 「ん!ん!」 といちこが呼んだ。

ポット苗のソラマメをむんずと掴んだいちこが、こちらに差し出してくれていた

お手伝いしてくれてるんだ(*'-'*)

ed3f1246

いちこの下には引きちぎられたソラマメの葉っぱも散乱してたけど(笑)、二人で一緒に農作業してるみたいで嬉しかったです


これから一緒にお野菜のお世話して、野菜好きになってくれたらいいな

虫もいっぱい見て触って 虫好きになってくれたらいいな

雑草のことも好きになってくれたらいいな


これから、お庭でいちこの「好き」がいーっぱい生まれますように



今日はこんな感じ!


つづくー!!