おはよーさん、茜です
高知県で一歳の女の子育ててまーす( ´_ゝ`)ノ


先日、“オムツなし育児”の勉強会の案内が来たので、参加してきました。
場所は助産院。

助産院では、ここで出産した人たちが定期的にテーマを決めて交流会を開いています
私は参加するのは初めてだったけど、布おむつのことでちょっと疑問に思ってることがあったから

関連記事:布おむつのカバーで漂流


講師のレイさんは普段は県外でオムツなし育児アドバイザーとして活動してるってことですけど、高知が実家で、今回里帰りしたついでにってことで

なんとレイさんが買っているのは無漂泊の紙オムツ
それも海外製!



なんと31枚入りで2853円もするんです!
(一般的な紙おむつだと100~200枚以上入って同じぐらいの値段)

レイさんがそんな高価な紙おむつを買っているのは、普段は100%布おむつだから。
たまの長期のお出かけとかのためにいるだけなので、買うものを吟味してのことでしょう

なるほど・・・
その発想はなかったわ
あたし自分のことエコロジストやと思ってたけど、全然超ひよっこ。


ちなみに“おむつなし育児”って聞いたら、「おむつなしで育児できんの!?!?」ってびっくりすると思うんですけど。
おむつを使わないわけじゃなくて、赤ちゃんの排泄をできるだけおむつ以外でさせてあげよう、ってそーゆう考え方のこと。

理由は、おむつの中におしっこするよりも、外に出した方が気持ちいいから。

動物はもともと排泄物が自分の身体にかかるのがイヤ。
人間の赤ちゃんも本当は自分でおしっこやうんちをする力があるけど、大人が無意識に、最初におむつに出すように躾けてしまう。
それなのに大きくなったらトイレでするように言われ、もう一度覚え直さないといけないから子供も混乱しちゃう

ってことだそうです。

確かに、もうトイレでできるようになったら絶対におむつの中にはしたくないわ
濡れた服着てるだけで不快ですもんね。

さらに、おしっこが成功しても、「すごいね~!」とか褒めすぎない方がいい
「気持ちよかったね」って言ってあげる方がいいんだそうです。


今回は興味がある人が多かったみたいで、10人以上来てました。

1人ずつ自己紹介と今回参加した想いみたいなのを話していったんですけど、びっくりしたことがありまして

なんか、参加者たちの中には

「布おむつ興味があるけどまだやってない」
「布おむつに挫折しちゃって」

って人が何人かいたこと。
あたしよりも子育ての意識高そうな人ばっかりやのに

なんか、こんなにめんどくさがりで行き当たりばったりで計画性なくて頭使うこと大嫌いで昼寝大好きのあたしが、

「ずっと布おむつで凄いですね

って言ってもらえた!!!


えーーーー

あたしすごかったんや!!!

夫からは

ダメ出ししかされないのに!!!




今回私が参加した理由は、

はかせるタイプのおむつカバーが気になってるんだけどそれって中にどんなおむつ仕込むの???

ってこと。

実際にレイさんが使ってるオムツカバーや、助産院でも売ってるものを見せてもらえた

image

image
(助産院で売っている、手作りのおむつカバー
 水色のフェルトはおむつの上に乗せておき、ウンコが出たらフェルトに包んでトイレに捨てに行く
 そーすればおむつは汚れなくて済むってわけ)

レイさんは輪おむつ(私が普段使っているやつ)をナプキンみたいにセットしたところを見せてくれた。

手作りのフリース制のおむつカバーは、輪おむつにも対応してるし
おしっこが出るたびにいちいちカバーごと変えなくてもよさそうだった




今回の勉強会でお友達もできたよ^^
愛媛から高知に嫁いできた方で、彼女曰く高知の方があちこちに公園があって子育てしやすいんだそう
彼女は4カ月の女の子を布おむつで育てていて、これからいろいろ情報交換ができたらいいな


そして、もう一つびっくりしたこと・・・


レイさんの妹さんも参加していて、彼女が今回お茶菓子を作ってきてくれてたんやけど、それを見た瞬間いちこの目の色が変わった

p

あんたさっきまで

周りの人に人見知って

ほとんど動かんかったやん・・・!?

めっちゃデカい声出てない?

・・・行くの?

テーブルの向こう側の、まだ食べてるお母さんのとこ

行っちゃうの・・・??




いちこが食欲の権化と化した瞬間でした(笑)

その後、いちこは場にすっかり慣れ、帰る頃には他の子供とおもちゃで遊んだり、階段まで這っていったりと楽しんでいました。
お友達になった方の赤ちゃんにも触ったりして^^



今回、オムツなし育児の勉強会に参加して、おむつカバーの疑問が解決したわけですけど。
私は機械が苦手で、ミシンはハードルが高くて・・・
実際におむつカバーを作るかどうかはわかりません

・・・作れる自分になれたらいいなぁ



こんな感じ。


ほんならまた~