こんばんみー茜だよん。

今日は「つーーーーゆーーーーです!!!!」って感じの天気で、庭にも出れずひたすら屋内に閉じこもってたら、いちこ(10カ月)の睡眠リズムが大幅に狂っちゃって、家にいたのになんにもできんかった。やっぱり何かしらの刺激とゆうのは大事なんですね、勉強になりました。

夜になって、おんぶしてふすまの貼り換えとかブログ書いてます。
いちこは今背中の上でスウスウ眠ってます。


で、タイトルですけど。

ずっと気になってたジャンボタニシ食べてみました。

ジャンボタニシってのは、ご存知、田んぼにいるジャンボな巻貝のことです。ショッキングピンクな卵を産み付けることで有名ですよね。

Bertha.jpg

本名はスクミリンゴガイです。よろしくお願いします。

あいつらおいしそうですよね。
シジミより食べるとこいっぱいありそう。
そこら辺にいるし。タダだし。

でも、食べるにあたって抵抗があるのは、やっぱり農薬の問題ですよね。

田んぼって、農薬いっぱいかけてるじゃないですか。
自分が田んぼやってないから、どのタイミングで農薬散布してるのかわからないんですよ。
昨日農薬撒いたばっかりなの知らずにとりたくないですよね。
(つっこみたい人は各自でつっこんでください、エエ。)

そんな問題を解決する場所を、私は見つけたんす。

DSC_0878

ここっ!

近所の休耕田!
今年は稲を植えてないので農薬フリー!
ジャンボタニシも雑草がたっぷり生えてるので、ウジャウジャいるんです。ジャンボタニシは草食なんす。
しかも道路に面してるので、道路から手を伸ばせば届く距離!どうしよう・・・!想いよ届け 君に byメルト


ある日のこと、私はバケツと火バサミを持って、いちこのお散歩がてらこの休耕田に向かいました。
ちょうど前日に雨が降ったばかりだったので、休耕田には水がたくさん溜まっていました。
ジャンボタニシもいたんですけど・・・

思ったより小さいのばっかやな。

それに、道路側限定なのであんまりめぼしいのがとれない。

道路から田んぼまで意外と高さがあって、火バサミがギリギリ届くぐらいでした。

その結果、採れたのは10匹未満。
小さいのばっかやし。

まあいいいか、今夜はバケツに水道水入れて泥抜きしよう。


次の日、バケツの水を替えようとバケツの蓋を開けたら・・・。


卵産んでおる。


こいつら・・・・

最後にぶっこんできやがる・・・・

いや、でも食べる時にあのピンク色の卵が出てくるよりマシか。
魚やったら、卵を産んだ後の個体は痩せてて美味しくないってゆうけど、ジャンボタニシはどうなんだ?
食べ頃ってあるのか???


私はもう一度水を替え、泥抜きを続けることにしました。
ジャンボタニシの料理法を調べたところ、3日は水を替えながら泥抜きすると書いているサイトがあったからです。


ところがねえ。


その次の日、あたしは水を替えるがを忘れた。
夜中気づいて、恐る恐るふた開けたら、なんとヘドロの臭いが。浮かんでいるヤツとかおったし・・・。

しもうた、水はもっとたっぷり入れて、頻繁に替えちゃらないかんかった


朝になってまた水を替えたときも、やっぱりどぶ臭く、昼に水を替えたときもやっぱり同じ。
ただジャンボたちは全員生きていて、小松菜の根っこを与えると食べ始めました。
そんなん見てると、ちょっとカワイイなんて思ってきてしまいます。
ジャンボタニシを除草に活用している農家もいるし、雑草対策に共存できると思うんやけどな~。


さて、いよいよ食べる時がきました。

泥抜きはまっっったく自信がありませんが、いつまでも飼っていても仕方がありません。

ちなみに、ジャンボタニシの卵を鶏にやるとどうなるのでしょうか。
うちの鶏も、抱卵の本能はないくせに毛虫を食べなかったり、食事に関しては本能がまだ生きている気がします。抱卵の本能はないくせに。
あのショッキングピンクの色は、他の動物に「ゲエ~ッ」って思わせるため。対人間には効果バッチリ。



あ。





食べた。




後藤さんたら(メンドリです)ガツガツいった。
お腹壊さんかったらいいんやけど。




鶏は色盲だと判明。

DSC_0882
(卵は写っていませんが食べた後です)



さあ、そんなこんなで、料理開始です。

DSC_0883

お試しだし、たったのこれだけ。
ドブ臭さは全く変わりませんが、きっと殻についている泥をのければいいんじゃなでしょうか。

私はたわしでゴシゴシこすりましたが、何度水を替えても水が濁ります。
5回目ぐらいでやっと透明になりましたが、ドブ臭さは消えません。

今度は塩でこすり洗いしましょう。

DSC_0884

うん。

全然変わらんね(泣)


ところで一つ、不思議だったことが。
洗ってるうちに一番大きいジャンボの殻が割れてしまい、中身が出てきたんですけど。
内臓はどこに???
どこにもありませんでした。でもこいつもさっきまで生きてたんですよ!

DSC_0885

次は、鍋に塩を入れて湯がきます。
どれぐらい火を通せばいいかわからんかったけど、ふた?弁?が浮いてきたのでOKと判断。

DSC_0886

竹串でくり抜いてみるとこんな中身でした。

DSC_0887

全部でこれだけ。
DSC_0888

内臓が泥臭いと思うので、内臓はのけます。後藤さん行き。

でもまだ臭い・・・。
酒と塩コショウに浸けてみました。

DSC_0890

不安になりつつも、オリーブ油とニンニクで炒め、塩コショウ。
さすがにニンニクの香りで臭みは消えるでしょう!
 
DSC_0891

できました。

DSC_0892

まっっったく美味しそうではありませんが、これは量が少ないためです。盛りつけようのしようがなかったのです。ジャンボのせいではありません。あ、あたしのせいか。

庭の草刈りを終えた夫がビールを飲みだしたので、おつまみとして出してあげました。

夫「・・・これ味見した?」

私「まだ☆(てへぺろ)」

夫「俺が味見役かい!!」

と言いつつ、ぱくっと食べる夫。アタイ、この人になら抱かれてもいい。

BlogPaint
(夫初登場)

うし・・・うし・・・うし・・・

BlogPaint

うし・・・うし・・・うし・・・

BlogPaint

うし・・・うし・・・うし・・・


どうしたんでしょう、彼はジャンボタニシをチューインガムと勘違いしているのでしょうか?

「ど、どう?」

「うん、ドブ臭い。最初はニンニクの香りでわからんけど、噛めば噛むほどヘドロの香りが口に広がる。」

「どら!」

私も食べてみると、確かに最初は塩コショウとニンニクの香りでわかりませんが(特に貝の味もしなかった)、それらが消えた頃にだんだん泥の香りが・・・。

これは食べれたもんじゃない。
ハイ後藤さん行き。


しかし、これはジャンボタニシのせいではないかもしれません。
私がきちんと水を替えていれば、本来は美味しくいただけたかもしれません。
だって、ジャンボタニシを美味しく食べたサイトはいくつかありますから。(そして実際に食べてみて不味かったとゆうサイトは発見できていない)

いつかリベンジしなければ・・・。

てゆーか自分くで何日か泥抜きするんやったら、普通に田んぼで採ってきても農薬も抜けるんちゃうかな。


私の第一弾!ジャンボタニシレポートは、これにて終了☆
アメリカザリガニとか鯉もいつか食べてみたい^-^


こんな感じ!つづくー!!




前回のコメントのお返事☆いつもありがとう^^>


ミッチーへ

あははー、違う違う^^
なんか面白かったき写メってみた(笑)

嬉しいコメントありがとう。
あたしも完璧な母親は目指さんつもり~
ただ育児を楽しむってことは忘れたくないき、イライラせんように努めてみるよ~自分のために。
今はまだいいけど、反抗期や可愛さがなくなった思春期はどうなるろう・・・