はよーさん、茜だよん。

いやー、春になると忙しいですね!やらなければならないことが多すぎて。あー忙しい忙しい。

そーそー、入学入園の準備に送り迎えに・・・


って、そんな話をしているんではない。

あたしが言っているのは、

ワラビ!

イタドリ!

タケノコ!

ヨモギ!


・・・っと来て、今は淡竹(ハチク)の季節なので、ぐずぐずしていて収穫を逃してはタイヘン、と気もそぞろなんです。

ハチクとは、5月ごろに生える細いタケノコのこと。ちょうどエンドウマメが市場に出回るころで、一緒に炊いたら美味しいんですよね♪

私は今借りている家の周りに、ハチクスポット(通称ハチスポ)を二か所抑えていて、雨上がりのたびに

「ああん!もう生えたのではないかしら!?」

「いやぁん!早く採りに行かなきゃ竹になっちゃうぅ!」


とそればっかり考えていました。


そして、とうとういちこのお散歩がてらハチク狩りに。

第一スポットは歩いて15分ぐらいの道沿い。
ここのハチクは細いと有名。あたしの中で。

DSC_0718

だいぶ竹になりかけてました。

それでも、いちこを抱っこしたまま食べ頃のハチクを大量収穫。

そして、問題はここから。


ビニール袋がはち切れんばかりのハチクを持ち、いちこをう抱いて歩いて帰るわけですが・・・・

BlogPaint

採り過ぎた・・・・・!

どう考えても採り過ぎ・・・・・・!

文字通りビニール袋の底が裂け・・・・・・

散らばる・・・・・・・・・・・!

中身っ・・・・・!!

それを何食わぬ顔で拾い集めるが・・・・

本当は後悔でいっぱい・・・・

なぜ私は・・・・

ベビーカーで来なかったのだろうかと・・・・・・・・!!!!
DSC_0722

だが・・・!!

次にハチクを採りに来たとしても・・・・・!

採らせてもらうぜっ・・・・!

限界を超えてっ・・・・・!


私は採る・・・・!

採って・・・・・採って・・・・・・採りまくってやるんだっ・・・・・・!

望みに進むのが

気持ちのいい人生ってもんだろっ・・・・・!?


BlogPaint

辛すぎて現実逃避しながら帰宅。

そっからソッコー皮はいで湯がかないといけないわけなんですが。

背中で眠っていたいちこ、ぐずり出す・・・・!

仕方がありません、ハチクの下処理はいちこが夜寝てからするしかなさそうです。

DSC_0723

山菜ってもれなく下処理がいるんですよね。
ハチクはタケノコと同じで、皮をはいで鍋で小一時間湯がいて冷まして・・・って、トータルで二時間ぐらいかかるんですよね。
途中、大量に生じる皮を何度か庭に捨てに行かないといけないし。

そして山菜の一番のネックは、採ってからどんどんアギていってしまうとゆうこと!
ちなみにアギるって、山菜とかが硬くなったりえぐぐなったり、食べれん状態になることをゆう土佐弁なんだ。便利だからみんなも使おうね!

だから、この時期はスッゴク忙しいんすわ~。


この時のハチクは、これぐらいになりました。

DSC_0724

湯がいているときに浮かないように落し蓋をします。
この鍋は、山菜を湯がくようにホームセンターで一番でかい鍋を買いました。20人分ぐらいの豚汁が作れそうなくらいデカイ。けどそれでも入りきらない時がある(笑)


まだこの時のハチクを食べきってはいませんが、第二スポットも気になってしょうがないあたくし。
母の日のプレゼントを県外の義母に送ったついでに、行ってみました。

そこは、私が以前いちことのお散歩で見つけた公園。

ここにハチクが生えることを、私は覚えていたんす。

DSC_0203

で、行ってみると案の定ニョキニョキ生えてる!!!

DSC_0725

しかもここの、太い!!

ほんとに同じ種類!?と思うほど。

DSC_0726

え!? ちょ ちょっと待って!!!

img1463135341810

竹になったからぼし折られたんじゃなくて
食べ頃のハチクがぼし折られてるーーーー!!!!

馬・・・じゃなかった、罰当たりめ~~~~!!!

ハチク湯がいて産直で売ったら、250g250円で売れるのにーーー!


とゆーわけでここでもせっせと収穫。


今年は、ハチクを塩漬けにしてみました。
塩漬けにしたハチクは、高知のソウルフード田舎寿司に使えるのです。


それでも余った分は、友達や大家さんや親戚・実家と配りまわりました。

塩漬けのハチク、うまくいくか楽しみです!


もう少しで、ドクダミに花が咲くので刈り取ってドクダミ茶も作らなければなりません。
本当にこの時期は忙しいわ~。


つづくー!!



<前回のコメントのお返事☆いつもありがとう^^>

ミッチーへ
いつも感動してくれてありがとう!ミッチーの感動センサーって超高性能だよね^^
あたしがいつの日かそっちに行って、都会の中のイタドリやフキなんかを探しちゃらないかんね♪
意外と街中にも山菜ってあるもんよ。