おはよーさん、茜です。

このブログって、もともとは雑草のレシピブログにしようと思って始めたんよね、実は。
でもあたしってそんなに雑草や野草についての知識はないんだ。だから結局普段の出来事の雑記ブログになっちゃったんやけどね。


今回は、ヨモギペーストを作ったよ。

DSC_0570


お散歩に行ったついでに、道端のヨモギの新芽をたくさん積んできた。 (散歩に行く時は、スーパーのレジ袋をポケットに忍ばせていくのがおススメだ!)

道端とはいっても、歩道の脇だと犬のおしっこをふんだんに浴びている可能性がある。
だから、歩道から少し離れた、けれど手を伸ばせば届く距離のヨモギを探したんす。

DSC_0715


ヨモギの活用法と言えば、お餅とかお団子とか和菓子に使われることが多いけど、あの鮮やかな緑色を活かして、パンやお菓子に混ぜ込むのもおススメ。

今年のバレンタインは、ヨモギ・ココア・紫芋・プレーンの四色のモザイククッキーを作りました。
 
DSC_0020

DSC_0021


まあ!とってもキレイ!!


去年の春にヨモギペーストを作って、今年の2月まで冷凍してたんで、ヨモギの香りは無くなってました。

それでもとってもきれいな色ですよね~^-^わざわざ抹茶とか食紅(緑)とか買わなくてもタダで作れるので、作り方解説します!


<ヨモギペーストの作り方!>

・ヨモギの新芽(手で摘み取れる部分)
・重層 少々

ヨモギが入るぐらいの大きさのザル・鍋・ボウル
フードプロセッサー

①ヨモギを好きなだけ摘んでくる。タダだからって大量に摘んでしまうと、後あと大変だ!(処理とか食べきれるかってこととか)

DSC_0714


②ヨモギの葉っぱと茎に分ける。茎は使わないから、庭に投げ捨てよう!

DSC_0568

③葉っぱはザルに入れてボウルに浸し水で洗う。意外とゴミとか浮いてくる。

④ヨモギが入るぐらいの大きさの鍋にお湯を沸かし、重層を一つまみ入れる。

⑤ヨモギを5分ぐらいゆがいたら、指でつまんでみて硬さを確認。柔らかくなってたらOK。

⑥お湯を捨て、流水にさらして疎熱を取ってから、2時間水に浸けてアクを抜く。

⑦2時間後、ザルに空けて軽く絞る。絞り過ぎると、フードプロセッサが撹拌できなくなる。

⑧少しずつフードプロセッサでペースト状にする。長い繊維がほとんどなくなるまで。

⑨出来上がり!
 すぐに使わない場合は、袋に入れて冷凍保存☆(間違えて冷蔵保存って書いてたけど、冷蔵やったらすっと腐るで)


DSC_0570


今回はなんと400g以上ありました!

さっそく、プレーンとヨモギの2色のちぎりパンを焼きました。

DSC_0589

 
プレーンは仕上げに豆乳を、ヨモギはヨモギペーストを刷毛で塗ってみた。 まー焼いたらわかりにくくなったけど・・・。


これからジャンジャンお菓子とかパンとかで使っていく予定です☆
(食べきれるのかな・・・?)


 つづくー!!

_

<前回の記事のお返事☆いつもありがとう^^>

ミッチーヘ
あははーありがとう!
自分でも、お金を掛けずに楽しめる場所探すの上手いと思う(笑)

そっちにはクローバー畑の公園ないんやねぇ。
そっちの方がいろんな公園が充実してそうやに!
けどここの公園も、まったいらにクローバー刈られちょったきねえ、公園の管理者が価値わかってないのかもしれんねぇ(笑)