おはよーさん、茜です。

この春は、念願だったタマネギ染めにチャレンジしたんだ!
(→関連記事:新年だから今年の目標なんて書いてみる。

台所の食器棚にかけてあるのれんが色あせて、油染みも目立ってだいぶくたびれた感じになってた。
もともとは深緑色だったんやけど、10年近く使ううちに、白っぽくなってたんす。

買い替えてもよかったんだけど、気に入ってるし、お金はかけたくないしってゆーんで、試しに草木染めをしようと思ってました。
草木染めって雑草とか野草とかでするから、お金かかんないしね。


そして、私が選んだのはタマネギの皮


タマネギの皮が染め物に使えるって知ってた?
タマネギの皮って出汁もとれるんよね。なんとゆー優れもの。

私はタマネギを料理に使うたびに、せっせと皮を集めてたんす。


大きめのレジ袋に半分ぐらい溜まったから、遂に挑戦したよ!


●タマネギ染めに必要なもの

・玉ねぎの皮・いっぱい
・染めたい布
・布を漬けておけるぐらいの大きさの鍋
・布を漬けておけるぐらいの大きさのボウル
・ミョウバン(ドラッグストアで買えるよ!)

・輪ゴムとか(模様をつけるのにgood)


このサイトを参考にしました。
春休みは玉ねぎ染めに挑戦!きれいな色に染まるよ♪


私は今回、色あせたのれんと布おむつを染めることにしました!
この布おむつは、なんかカビ?みたいな点々と変色してるので、雑巾用に分けてたんです。うまく染まれば縫い直して私の布ナプキンにする予定!

①布を湿らせておきまーす。
 のれんは油汚れもついてたから、一度洗濯しました。
 模様をつけたいなら輪ゴムで縛っておきます。

DSC_0296
(写真前後してるけど)

②タマネギの皮を鍋に放り込んで、色が出るまで煮ます。
 水は鍋半分ぐらい。


DSC_0294

DSC_0295

③ワインレッドに近い色が出てきたよ!10分ぐらい煮出してから、皮を取り出して、布を入れます。
 水分が減ってたら足してな!


DSC_0300

④沸騰したら弱火で10分煮ます。


⑤その後、火を止めて1時間はおいておきます。


⑥ボウルに水100ccに対しミョウバン5gを溶かし、ここに布を浸けます。
 ミョウバンは布に色を定着する効果があるんだって!
 時々均等に色がつくように布をゆすってね!

DSC_0301

⑦30分置けばいいそうなんやけど、私は一晩おきました。


⑧色移りの心配がない洗濯物と一緒に洗濯!
 日陰で干すよ。


DSC_0302

 もっと茶色くなるかと思ってたけど、きれいな山吹色になった。


⑨最後にアイロンをかけて、完成!!

DSC_0304

DSC_0305


お~っ・・・。

美しい・・・


油汚れも残ってるんやけど、鮮やかな山吹色と中心の白い輪っかのおかげで全然目立たない。
これ、本当はもっと明るい色になってる。

ちなみにバカネことあたくしは、ビフォー写真撮り忘れてた。
まあ、一番上の写真の色なんやけど・・・。試しに過去の写真に写ってないか探してみました。


そしたら、ギリあった。


DSC_0642

クリームコロッケのレシピを書いた記事の写真。
左上にギリギリ写ってるね!

before

DSC_0642
after

DSC_0305

違いは歴然っすね!!


他にもヨモギとかツワブキとか、身近にある雑草で染めれるものがあるので、また何か染めたい布があればやってみてもいいかもしれませんね。
こののれんがまた色あせたら、今度は白い布を買ってきて草木染めしてみようかなぁ。


つづくー!!



<前回のコメントのお返事☆いつもありがとう^^>

ミッチーへ
苺大福にした訳はねー、ゆうこりんが最近まで胃の調子が良くなかったから、苺大福ならさっぱり食べれるかなって☆
他の県のことはよくわからんけど、お遍路の文化はあるかもしれんねぇ^^

「合席家族」かあ・・・。それは興味深い。あたし、家庭円満の前提として、「手作りの料理を家族そろって食べていれば大丈夫!」と思ってたんやけど、それは最後の砦にもならないってことでね・・・?