おはよーさん、茜です。

いちこはもうすっかり元気になりました。
 ウイルス性胃腸炎の記事はコチラ

下痢が治った途端便秘、22日から27日までなんと5日間!(27日に固いのが数回出ました。)

28日目にやっと綿棒浣腸で大人みたいな固形のウンコが出ました。


さて、今回ミルクを飲んだら下痢をするようになって、21日~念のため23日までミルクを飲ませませんでした。
それまでは、一日にミルクを160cc~200cc、飲むことがあるかないかぐらいでした。

21日も、いちこは乳首を吸ってもすぐ離し、泣き続けます。
いつもだったら乳が出ていないと判断、ミルクを作ってあげるんですが、下痢が治るまではなんとしても母乳と味噌汁の上澄みで凌がなければなりません。

試しに乳を搾ってみると・・・

BlogPaint


めっちゃ出てるやんかあー!!!


いちこめー!

今までミルクが飲みたくて途中で吸うのやめてたな!?


そりゃあ哺乳瓶は楽ですもんねぇ。
ミルクの方がカロリーも高くてきっとおいしいんでしょう。

その後も足をピンピン蹴って泣くいちこの首筋をむんずと掴み、無理やり乳を吸わせました。



で、そんな日が三日続いてですね。



乳がめっちゃ出るようになりました。


最近よく出てるな~とは思ってたんです。

けど、もうミルクが全く要らなくなりました。
24日に一度作ってあげたんですが、それを飲み干してからいちこも無駄に泣かなくなって、今じゃ乳を吸ったら満足してゴキゲンになってくれます。

乳を吸うたびに、「ゴク、ゴク、ゴク」「ギュー・・・、ギュー・・・」と激しく飲んでいる音がして、自分でもびっくりするくらい。


ここまで読んだら、「今までもっと吸わせていたら、もっと早くにもっと乳が出ていたのでは?」と思われたかもしれません。

でも、私は努力していたんです。

頻回で、長時間吸わせて、それでも泣き止まなければミルク、とゆう感じでした。
水分もたくさんとり、味噌汁や和食も心がけました。

実家から帰省して、1日2回だったミルクの量が、少しずつ、時間をかけて減っていき、五ヶ月になるころには一日に1回(200cc)になりました。
それから更に減っていき、一日に飲むか飲まないかぐらいになっていました。

私も努力していたし、いちこにも頑張って吸ってもらっていました。


きっと、時間をかけて少しずつ母乳量が増えていた時の、訳あってミルクの助けが無くなったことでその分母乳が出だした、ってことだと思います。

母には「痩せているからもっとミルクを飲まし!」と言われますし、私も泣き止まなければあげようとは思いますが、今のところ母乳が良く出ているようでいちこがゴキゲンになってくれるので、このまま母乳+離乳食で行きたいと思っています。


よく、「母乳は吸わせれば吸わせるほど出る」っていろんなサイトに書いてありますが、私の場合は簡単には増えませんでした。
ほんまに、一カ月とか数週間で劇的に増えるのかと最初は思っていましたが、私はついに完母(完全母乳)にはなれませんでした。赤ちゃんを飢えさせるのもかわいそうだし、ひがちになって完母にこだわると、私もいちこも楽しくないと思っていたからです。


ウイルス性胃腸炎の、思わぬ結果。

余った粉ミルクは、パン作りに使ったり料理に入れたりして使っていきたいと思います。


つづくー!!