おはよーさん、茜です。

いちこの具合はだいぶ良くなりました。
昨日予防接種の予約があったので、ついでに診察もしてもらおうと病院へ。

17日に発熱してから病院に行ってたので、その後の経過を聞かれ病児記録を見せました。

その結果、ウイルス性胃腸炎との診断。

突発性発疹ではなかったです。

21日に下痢が一度あっただけでその後軟便、22日は一度も下痢が出ませんでした。
その結果、回復中とのことで、整腸剤をもらうだけで済みました。

もし脱水にでもなったら、体重が月齢のわりに少ないいちこは確実に入院になるでしょう。三連休だったので、対応が遅れたら命取りになりかねない―と注意深くいちこを観察していましたが、ほぼ母乳だけで昨日・おとついを凌ぐことができました。

とりあえず一安心ですね。


さて、三連休は、いちこがこんな調子だったのでどこにも出かけず、ずっと家で過ごしました。
天気ものすごくよかったので、出かけたかったですけどね~!

すると、夫がお庭ランチを提案してくれました。


「天気もいいし庭でお昼食おうか。」


素晴らしいアイデア!!!


さっそく庭にレジャーシートを敷き、座布団やバウンサーなどを出し・・・。

DSC_0226

菜の花と小エビのペペロンチーノと、サラダ。夫作。
菜の花は、庭のダイコンやかぶなどの蕾です。

外に出ただけなのに、ピクニックに来たみたい!

天気は快晴。
空気はあったか。
周りを見れば菜の花が煌めいていて。
視線を落とせば、タンポポにホトケノザにオオイヌノフグリ。足元では雑草にいろんな花が点っています。

DSC_0239

カラスノエンドウにとまっていたテントウムシを捕まえていちこに見せてあげると、目を輝かせて手を伸ばしてきました。

DSC_0243


ご飯もとっても美味しく、いちこもご機嫌で、夫もお昼寝して、すごいいいリフレッシュになったと言っていました。

DSC_0238


いつもと同じ食事でも、ただ外に出て食べるだけで、こんなに幸せを感じる時間になるんですね・・・。

いつも見ている庭からの景色。
遠くの畑では、家族で畝にビニールマルチを被せているのが見えます。
山裾の道を車が通っていきます。

そんな人々の営みが見える景色が、とても美しいものに思えました。


家族で、美味しいねって言いながらご飯を食べる。

なんて幸せなんだろうと思わずにはいられない、ただただ満ち足りた時間が、ゆっくりと流れていきました・・・。


せっかく庭のある家に住まわせてもらっているんだから、これからはもっとお庭ランチしよう。
いちこに外での楽しい食事をいっぱい味わわせてあげよう。

そんな話をした昼下がりでした。



厳密に言えば、ゼロ円のランチではないですけどね。
借家なので、3万8千円のランチですね!

つづくー!!




<前回のコメントのお返事☆いつもありがとう^^>

ミッチーへ

ヨーグルトも消化に悪いんやね 発酵食品やからいいと思ってたよ!

世の中には「母乳育児を頑張りすぎてママが疲れるよりは、今の時代ミルクでもいいじゃない!」ってゆー声が強いんやけど、今回のことで、授乳の初期のつまずきでミルク育児に変更するときの判断材料の一つとして、「赤ちゃんがお腹をくだしたときにミルクは飲めなくなる。」ってゆー情報も説明すべきと思ったよ!

「母乳があんまり出ない人は、どうしたらええがねぇ?? 」ってゆう回答になってなくてゴメンね。
あたしも母乳が良く出る体質じゃないから、赤ちゃんに母乳を飲ませられるだけで幸せって思いよったけど、6カ月もすわしよったら思ってたよりも出るようになったみたい。