おはよーさん、茜です。
タイトル変更して加筆しました。

いちこの病気は緩やかに回復中って気がしています。

参考:病気になって分かった。トイレでうんち&おしっこができることは、赤ちゃんにとって救いになる!

21日現在は、解熱2日目で元気もいいんですが、下痢がまだ治っていません。
熱が下がった後に発疹が出なかったので、突発性発疹じゃなかったです。明日予防接種の予約を入れいるので、病院で診察してもらう予定です。


さて、私は10年前に児童養護施設で働いたことがあります。

子供たちはひっきりなしに病気になり、しょっちゅう看病をしていました。
そのおかげで、私はいちこが発熱しても下痢をしても、あんまり慌てなかったんです。友達の方が慌ててたくらい(笑)

17日の木曜日、病院から帰ってきた私は、さっそく看病の記録をつけ始めました。

IMG_20160319_162322

薬局でもらった薬の説明の裏紙に、時系列でミルクの量や排泄、薬の時間などを書いていくだけです。
これがあれば何時に薬を飲んだかわかりますし、もし悪化して病院に行くときに、医療者がいちこの状態を把握しやすいからです。
(えらそうに書いたけど、みんなやってますよね。)


そこで、私は昔の仕事が潜在意識にしっかり残っていることに気づいてしまいました。


何気なく書き始めたんですけどね、記録の書き方が仕事してた時とおんなじなんです。
書き方なんて、今までまっっったく思い出しもしなかったのに!!

DSC_0219

例えば、

Ⓜ200 →ミルクを200cc飲んだとゆうこと

◎ →便

〇 →尿


こんな感じで、独自の記号があったんです。

私の手が、自然にこんな風に記録し始めるのを見て、

「うわー!染みついてるわー!!」

ってなんか感動してしまいました。



でも、今回初めてなこともあって。

いちこ、ミルクが大好きで、母乳も足りたり足りなかったりだし、熱も高いからいっぱい飲まさないと!ってミルクを飲ます度に下痢。

最初は、抗生剤の副作用かな?って思ってたんですけど、ミルクを飲んだらすっと下痢。

時間が経っても下痢。

むしろ飲まさなくても下痢。

母乳ではあまりお腹をくださなくって、ミルクとの違いにびっくりしました。

そりゃあ、施設の乳幼児たちがすぐに入院したり点滴してたわけだ。ミルクしか飲むものないですもんね、赤ちゃんだと。幼児になるとポカリとかイオン水とか飲んでましたけど。


母乳とミルクとを比べると、腹のくだし具合は

ミルク 100%

母乳 20%


って感じです。
もし私が完ミ(完全ミルク)だと、詰んでました。


熱が出てから、それまで順調に進んでいた離乳食もぱったり食べなくなり。
幸せ~ 美味しい~ 大好き~ って感じでパクパク食べてた胃袋ちゃんだったいちこが、一口ご飯を食べたら

「しっぶ~~~

「えぐう~

みたいにゲエ~って顔するようになって。

終いにはブチ切れるようになって。

母乳だけじゃ足りないから泣くけど、ミルクを飲んだらゲリゲリ、少量ずつ飲ましてみてもやっぱり大量に下痢・・・。
治りかけてたおしりは、お股だけじゃなくてもうでん部自体が真っ赤になってしまいました

21日は、もうミルクを飲ませることを諦めて、もうひたすら乳を吸ってもらいました。
お腹は減るのにご飯は食べないから、夕方はぐずってたなぁ・・・。
薄めた味噌汁は美味しかったようでそこそこ飲んでくれ、大好きなかぼちゃは4さじ食べました。

さっき便が出たんですけど、そのかいあって下痢じゃなくて軟便になってました。

このまま良くなるといいけど・・・。


今回は、母乳とミルクがここまで消化が違うことを知りました。
よく、母乳とミルクのメリット&デメリットっていろんなサイトに書いてありますけど、


「下痢の時はミルク育児だと詰む」


って書いてあるのはなかったので、肝に銘じたいと思います。

因みに「詰む」ってゆうのは、即入院って意味です。


けれど、病院でウイルス性胃腸炎と診断された後に、姉からこんなメールが・・・。


「ウイルス性胃腸炎で嘔吐がなくてよかったねー!

 嘔吐あったらてきめん脱水になるからね~!」


たっ、確かに、母乳であろうとミルクであろうと、水分も栄養も摂取できなくなったら即詰む!!!



つづくー!!