おはよーさん、茜です。

なかなかブログが書けませんでしたが、忘れていたわけではありません

実はいちこ、現在病気中です

IMG_20160319_162322

17日から発熱し、18日は平熱に下がり、19日に再び高熱。
下痢はしているものの、元気があり、機嫌もよく、ミルク&母乳もよく飲めています。(離乳食は何故か嫌がるんだな
おそらく生後半年を過ぎて母胎からの免疫が切れるころに誰もが通る、突発性発疹だと思われます。

突発性発疹は3 4日高熱が続いた後すとんと下がり、身体中に発疹が出る病気です。
大人の唾液の中のウイルスでかかる病気だから防ぎようがないし、薬もありません。
経過もわかっているので、心配する病気ではないんです。


けれど、いちこ、下痢もしていて

私は今回、いちこがトイレでうんちやおしっこができるように仕込んでいて良かったと心から思いました。
その理由を書いていきます。


突発性発疹は熱以外はあまり症状がないんですが、一つあるのがうんちがゆるくなること。

いちこの下痢も突発性発疹の症状だと思うんですよね。
(熱が下がった後に発疹が出てから初めて判断できる)

ミルクを飲むとてきめん下痢。
だいぶ頻度も減ってきましたが、17日は度重なる下痢で、おまたがあっという間に発情期の猿のように真っ赤にただれてしまいました。

痛そうで可哀そう


そこで、私はできるだけトイレに座らせてあげようと思いました。

娘には普段布おむつを使っているんですが、布おむつでもおしりはかぶれます。
特に、長時間濡れたおむつでおんぶをしていると赤くなることが多いです。

そうゆうときにすぐに治る方法が、トイレに座らせて排泄をさせてあげること。


そこで今回もできるだけトイレに連れて行ってあげることにしました。

とは言え、普段よりもミルクも母乳もたくさん飲ませているので、おしっこもおむつを見るたびに出ていて、なかなかタイミングを掴めませんでした。

17日はトイレでおしっこができたのは一回だけ。
この時少しだけ下痢便も出ました。

18日は、おしっこが二回とうんちが一回。
この時も下痢便だったので、おしり全体にうんちがつくことなく、トイレでできてよかったです。


うんこがお股につくことも荒れる原因ですけど、そのうんちを拭き取るのも、やはり肌に負担をかけてしまいます。どんなに優しく拭いていても、やっぱり力がかかりますし・・・。

私、赤ちゃんのお尻があれる原因て、うんちかぶれ&お尻を拭くことでの負担だと思ってます。
だからおしっこでおむつを替える時は、おしり拭いてないですし。

トイレでうんちができれば、この肌への拭き取りの負担はないと言っていいでしょう。
おまけに通気性100パーセントで、普段蒸れがちなお股が乾きます。

下痢は日ごとによくなっていったので、いちこのお股も日に日にきれいになっていきました。
トイレでさせる他にも、ムヒ・ベビーを塗ったり下痢をするたびにおしりを洗ったり、おむつを替えるときにすぐおむつをしないでお尻を乾かしたり などしました。


今回のいちこのお尻のただれっぷりは、今までで一番酷くて、これ以上悪化したら・・・と本気で考えました。
トイレでできたその二回のうんちが、もしおむつに出ていたら、お尻かぶれはもっと酷い状態に進んだに違いないからです。

今まで、私がいちこと関わるのが楽しくてやっていたトイレコミュニケーション(EC)が、結果的にいちこの身体を助けることになりました。
いちこがトイレでいきむことができるようになっていた。
そのことが、彼女自身のためになって、本当によかったです。


あかちゃんのお尻がすぐ赤くなることでお悩みなら、トイレに座らせてあげてはいかがでしょうか?

私がECを始めたきっかけややり方はコチラに書いています。

参考:赤ちゃんの時期限定のトイレ遊びがあるらしい!?これはやってみるっきゃないでしょ!
  :いちこのEC(排泄コミュニケーション)その後

追記
この後、いちこはウイルス性胃腸炎と診断されました。
いちこの闘病記録はコチラです。
ミルク育児だと、下痢で詰む。
お庭ランチ―この幸せ、ゼロ円。


つづくー!!