おはよーさん、茜です。

2月18、19、20日と記事の更新ができませんでした。
この間あたしが何をしていたかとゆーと、ふすまの貼り換えをしてたんす。

今月の27日(土)はいちこの初節句を予定しており、2両親が我が家に勢揃いするために、かねてからボロッボロだったふすまを張り替えることにしたんです。

DSC_0070

DSC_0069

こんなふうに、両面とも雨漏りのシミや猫の被害で酷いありさま。
もともと経年劣化で茶ばんでるし、絵も重くって部屋の雰囲気と合ってないし。

って訳で、夫が仕事の日に、私は一人でふすまの貼り換えに乗り出しました。
動画を見たり、説明書を読んだりして流れを何となく把握し、後はやってみることに。

因みに、我が家のふすまは“本襖”といって、こんな仕組みでできています。


京ふすま にしむら

最近の和室に使われるふすまは、ベニヤ板だったり圧縮した段ボールだったりもするみたいで、貼り換えの仕方が変わってきます。

本ぶすまは、枠を外し、表面のふすま紙を外してから、茶ちり紙とゆー下紙も張り替えて・・・と結構大がかり。

けれど、ベニヤ板などの簡易ふすまは、ふすま紙をアイロンがけして貼りつけるだけ。とっても簡単だそう。


我が家のふすまは本ぶすま。
夫が貼り換えのために買ってきたのは、

茶ちり紙と


アイロンタイプのふすま紙。


本ぶすまにアイロンタイプはうまく貼れるのか、
茶ちり紙の上からアイロンタイプはうまく貼れるのか

わからないことだらけ。

それでも平日に一人でやってみることに。
たぶんあたしのことやき、ふすま二枚の貼り換えに3日ぐらいかかるんやろうなー。トラブル続出でホームセンターに3回ぐらい走るんやろうなー・・・などと予想がつきます。

宇宙の法則発動の予感がプンプンしますが、いざ、レッツトライ!!!


本ぶすま+茶ちり紙+アイロン=さて、どうなる??

~一日目~

縦の枠を外すのは簡単でした。
なんと、ふすまの本体からこんなぶっとい釘が生えてました。

DSC_0073


で、枠の内側はこんな風になってました。
けっこう職人技なんですね。

DSC_0074

上下は釘で打ち付けてあって、外し方が縦と違うんです。
私はこれに大苦戦。
枠と本体の間にバールを入れて、てこの原理で枠ごと釘を引き抜くんですが・・・。全然動かない。
枠の塗料までボロボロ剥げてきちゃって、ついに諦め。
夫が帰ってきてやったら、すぐに外してました。

私がいちこをおぶって夕飯を作っている間に、夫が

古いふすま紙と茶ちり紙を外す→新しい茶ちり紙を貼り直す→乾かす

とゆうところまでやりました。

寝室にブルーシートを広げて襖の貼り換えをやってたんで、今夜は茶の間に布団を敷いて寝ることに。
夕飯を食べていちこを寝かしてから、乾いた茶ちり紙の上からアイロンでふすま紙を張っていきます。

なんか、ものっすごいしわができました。

DSC_0092

最悪。

がっっっかりして、この日は終了です。
夫は寝袋で寝ていました。


~二日目~

夫が出勤してから、また挑戦です。
裏もふすま紙をアイロンで貼りつけましたが、やっぱりしわっしわのだるだるになってしまいました。

茶ちり紙の上からアイロンタイプを貼っているから??
本来、本ぶすまとゆうのは、ふすま紙も糊で貼るそうなんです。貼った直後はしわができてますが、紙が乾くとしわも無くなります。
でもアイロンタイプは、しわができてしまうと、もうのきません。

私は取っ手口をとりつけ、枠をはめ込むことにしました。(上の写真は枠をとりつけた後のです。)

ところがです。

側面の枠が入りやがらねーの。

側面からはこんな風に釘が出てたやん。

DSC_0073

なんかね、枠が最後までかちってはまらなくて、金槌でガンガン叩いてたら、枠から釘が飛び出した。

09

どーすんのコレ。

枠がはまってないから寝室の入り口に取りつけれんし、

夫がやり直す!ってまた同じふすま紙買ってきたけどもう枠を外せそうにないし、

どーすんのコレ―――!!!



そしてこの日は終了。
家族三人で、シングルの布団で寝ました。


~三日目~
今回、私はもう一つのふすまを、一枚目とは違うやり方で張り替えようと思いました。
つまり、枠を外さず、古い表面のふすま紙も茶ちり紙も剥がさず、そのままアイロンタイプのふすま紙を貼ろうと考えたのです。アイロンタイプのふすま紙は、それが本来のやり方なのです。

一枚目のふすまは、茶ちり紙もがっつり破れ、さらにその下地にも穴が開いていたので、全てはがして貼り直さないといけませんでした。

DSC_0069

でも、この残りの一枚はそれほどダメージを受けていません。
このふすまにも猫が破ったところはあるので、そこだけ茶ちり紙を貼っておきました。


まず、ふすまの取っ手金具を外して、上にふすま紙を被せて。

DSC_0089

ほんで、アイロンを当てていきます。

なんということでしょう。

一枚目とは見違えるぐらいに、キレイに貼れました!!


DSC_0090

これが同じ商品かと思うほどです。

枠に沿ってふすま紙をカッターで切って、取っ手金具をとりつけたらもう完成です!!

1456286420280

え~~~~

めっちゃ簡単やしー!!


ちょっと浮いているところもありますが、それは茶ちり紙を張ったところです。やっぱり、一枚目がしわっしわになったのは茶ちり紙のせいだったんですね。

夫が、

「俺がちゃんと茶ちり紙を貼ったらよかったんかもしれん。もう一回やってみる!」

とゆうので、失敗作の一枚目のふすまはまだ部屋の隅に立てかけたままです。
ハッキリ言って、もうお節句までにふすまの貼り換えをする時間はありません。

そもそも、枠が外れるのか?
茶ちり紙の貼り方でアイロンタイプがしわ無く貼れるのか?
そして枠をきちんと取りつけることができるのか??


不安な予感しかありませんが、三日かかるだろうと思っていたふすまの貼り換え。
完成するにはあと数週間はかかりそうです・・・。


最後まで読んでくださってありがとうございます。
つづくー!!



*後日談*
↓ ↓ ↓