おはよーさん、茜です。

現在四カ月のいちこ。
夜もよく寝てくれ、私は彼女が産まれてからずっと、睡眠不足ではありません。
そのことは本当にありがたく思っています。私は寝れないのが一番辛いんです。

ただ。

よく寝るけど、よく起きるんですよ。いちこ。


まず、20時過ぎに寝かします。
彼女が寝入って、私が起きてくるのが9時ぐらい。

今までは0時前後に一回ブチ切れてデス泣き+早朝一回デス泣きしてたのが、最近では22時とか23時に泣くようになりまして。
あ、デス泣きってのは、だみ声で泣くことです。かわいらしい声も出せるのに、ブチ切れて泣くときは、いちこったらジャイ子になるんです。

ほんで、また沿い乳で寝かしつけて、私は0時前にまた起きます。
ブログも書きたいし、日によってはケーキを作らないと行けなかったり、風呂に入ってなかったりして。

で、いちこ、3時ごろにまた泣きます。
このときは、私も同じ布団で寝ているので、そのまま沿い乳で再眠。

朝まで寝てくれる時もあれば、また5時ごろ泣くときもあって、それも沿い乳で再眠。


布おむつを夜もしていた時は、その度におむつを替えて、よく漏れるので着替えもして。
最近は、姉がサイズを間違って買ってしまったとゆーMサイズのおむつをして寝てます。(布おむつのことは近々記事にしますね。)

おしっこが出て泣いているときもあれば、そうじゃないときもあり、ミルクを飲んで寝ても同じように起きるんです。

私が一緒に寝ているときは別にいいんですが、困るのはまだやりたいことが残っているとき。
沿い乳は一緒に寝てしまいそうになるし、寝かしつけるのに時間がかかるんですよね。

何度も寝かしつけて、それでも泣かれた時はさすがに困ってしまいます。
0時にいちこを明るい部屋に連れ出して、私が髪を乾かして歯を磨く間、ずっと膝に抱っこしていた時もありました。

そんなときに思うんです。


こうやって、「もう~、何で寝てくれんがよー!」なんて愚痴ったり、困ったりできるのも、いちこが今、ここにいてくれるから。

酸欠で産まれた時に真っ白だったいちこが、今生きてくれているから。

胎盤機能不全だったのに、健康に育ってくれているから、今こうして一緒にいられる。

だから、こうして時々いちこのペースに困ったり、焦ったり、イラだちそうになるのを抑えたりできるのも、幸せの証拠。



もし、私が希望通り助産院で出産し、いちこが何の問題もなく生まれてきて、そして育っていたら、私はこんな謙虚な気持ちになってなかったかもしれません。

子育ても自分の思い通りにコントロールできるんだって思っていたかもしれません。

生まれてすぐに引き離された三日間が、今になってこういうことを教えてくれているのかもしれない。

(関連記事:出産体験記
ご対面、でもトラブルまみれ
母性って何
s-IMG_1210

この気持ちを忘れたくないから、こうして文章に残しておきます。

いちこがこれからどんな個性を発揮してくるかわからないけど、笑って受け入れれる母親でいられますように。


つづくー!!

(あたしのことステキって思ったらクリックしてや~ぐふふぅ~)