おはよーさん、茜です。

今月は、子宝祈願で有名な愛媛県石手寺にお礼参りに行ってきました。



石手寺は四国88か所の51番札所でもあります。

おととし、夫が職場の先輩から奨められたのが石手寺。その先輩も7年間不妊の後子宝に恵まれたとのこと。
私たちも不妊治療をしていたところだったので、石手寺のことを聞いて即行出かけたのでした。
(不妊のことについて書いた記事はコチラ→不妊治療から妊娠。これがよかったのかな、と思えることまとめ。

その後、半年ほどで奇跡が。
いちこも無事産まれたことだし、正月の混雑も過ぎた頃にお礼参りに行ってきました。


石手寺の近くには川が流れていて、公園もあります。春になると桜並木に人が集うでしょう。

DSC_1626

実は石手寺の駐車場は有料なので、この公園の駐車場に停めた方がいいのです。このブログを見た人だけの、お得な情報ですネ!☆

で、この川を見つけた私たちは、公園の駐車場に車を停め、河原に下りてみました。

DSC_1625

ちょうど水が少なくて、石を探せました。

私たちが何をしているかといいますと、実は石手寺の子宝祈願はですね、

1、訶梨帝母天堂というお堂の石の中から、何も書いていない石を一つ持って帰る



2、赤ちゃんが産まれたら、持って帰った石に子供の名前を書く
  どこかで名前を書きやすい石を二つ見つけてくる



3、それらをまた訶梨帝母天堂にお供えする

ことになっているのです。

DSC_1641


河原で良さそうな石を見つけました。
夫が去年、高知の浜でいい石を見つけていたのですが、正月のごたごたで私の母がその石を捨ててしまい。
こんなギリギリの場所で石探しと相成ったのでした


本堂に入った私たちは、訶梨帝母天堂のところに向かい、おととし持って帰った石にいちこの名前と、裏にお願い事を書き、河原の石と共にお供えしました。

DSC_1637

DSC_1638

いちこが私たちのところに来てくれたこと、無事産まれてきてくれたこと、元気に育ってくれていることに感謝し、お参りしました。

そして、ちゃっかり二人目の祈願も。
もちろん石もいただいてきました。

DSC_1639

なかなか何も書いてない石を探すのが難しいんです。
風雨でかすれていますが、よく見るとマジックの痕と思われるものがついていたり・・・。

また、子授かりの願い事を書かれている
絵馬を見て、当時の自分の気持ちを思い出して涙が出そうに・・・。
どうか、子供を望む夫婦のもとに、あかちゃんが一日も早く来てくれますように・・・。
月並みですけど、そう願わずにはいられませんでした。

私たちもいちこができるまでに三年かかっているので、二人目もできるのかどうかも自信がありません。でも、年子ってできやすいので・・・。期待したいと思っています。


お参りが終わったら、りょうかですだちラーメンを食べ、その美味さに感動しつつ、ハードオフ行ったり、イオンいったりして夜に家に着きました。
その間、いちこはずっとご機嫌でおとなしくいてくれました。


不妊に悩んでいるカップルは、旅行もかねて石手寺に行ってみてはいかがでしょうか?
今回はしませんでしたが、裏山をくり抜いた真っ暗な洞窟を歩く体験も面白かったです。
予約がいりますが、安産の御祈祷もあるそうですよ。



最後まで読んでくださってありがとうございます。

つづくー!!