おはよーさん、茜です。

最近育児の記事を書いてなかったですね。今日はまだ月齢の低い赤ちゃんが初めて出会うのにふさわしいおもちゃを紹介します。実際にいちこのおもちゃの中で、彼女が夢中になって遊ぶものです。


オーボール

DSC_1596

軽くて、穴のたくさん開いた形状ゆえ、まだ手先のコントロールができない赤ちゃんでも、指をひっかけて遊べます。
三ヶ月にもなると、赤ちゃんは自分の指を目の前で観察しだすので、かなり早い時期から遊べます。
赤ちゃんが自分の顔の上に落としても安心です。

すぐに指から外れて転がっていってしまうので、そのたびに「はい、どーぞ。」って声かけもできますしね。


リストバンドタイプのガラガラ

DSC_1602

二ヶ月ぐらいから使えます。

まだ自分で長いこと握っていることができないので、手首につけてあげると、赤ちゃんがバタバタ動いたときにリンロン・リンロンと鳴って、そのたびにいちこは興味をそそられています。

振って遊ぶ、見て遊ぶ、舐めて遊ぶ。

いちこは飽きもせずによくこのおもちゃで遊んでいます。

リストバンドタイプは、ゴムの部分が大きいと月齢の小さな赤ちゃんの手首には緩すぎるので、大きさを確かめて買われることをお勧めします。
音も、単に「カタカタ」「ガラガラ」よりは、きれいな音が鳴った方が大人の耳にも快適です。
この商品は音もきれいだし、長時間付けていても手首にゴムの痕がつかないので、それもいいです。


おもちゃ付きバウンサー





DSC_0544

ちょっとアマゾンの商品とは違いますが、BABY BJORNというメーカーのバウンサーです。
とてもシンプルな作りで使いやすく、赤ちゃんの背中にフィットするので座りやすいと思います。

このバウンサーはとても軽くて、私は洗濯を干すときに、よく外に出していちこを座らせてました。
おもちゃが木でできているのもいいですよね。 (プラスチックよりも木や紙や粘土製がいい理由は、不要になったときに捨てやすいとゆうことです。)

いちこはご機嫌なときはよくおもちゃを回したり、バウンサーを揺らして長いこと遊んでいました。


つり下げるタイプのガラガラ

 
車でお出かけするときに、窓の天井についてある取っ手にぶら下げると、「テロリン・テロリン」といい音がして、いちこは良くそれを眺めています。 少々のぐずりだとこのガラガラがおさめてくれます。


モビール


ストーブを点けているので扇風機を天井に向けて回しているのですが、わずかな空気の流れでゆらゆら揺れるので、いちこはよく見ています。
抱っこして触るか触れないかの位置で見せてあげると、夢中で手を伸ばして掴もうとして遊びます。


いちこのおもちゃは、つり下げガラガラ以外はすべて姪っ子のお古だったり、プレゼントでいただいたものです。
だから、いろんな商品を見定めて私たちが選んだものではありません。
きっと、もっとたくさん早くから遊べるおもちゃもあるでしょうね。ぜひ私の記事も参考になさってください^^

そんないちこは、もうすぐ五カ月になります。


つづく☆