こんにちは、茜です。

現在39週5日。予定日までカウントダウン!!

ここに来て、120~130台だった血圧が、110台へと下降。
ゾウの足だった浮腫みもひき、脚の甲やすねの骨に触れるほどに・・・。
尿糖はずっとプラスマイナス、尿タンパクはマイナス。

散歩、お灸、こんにゃく温湿布、カリウムの多い食事、間食をしない、半身浴、足ツボ・・・といろいろ頑張ってきて、どうしても効果が出なかった浮腫みと血圧。
いったい何が効いたのか!?!?

実は、ここ数日塩分のない食事をしています。
健診の帰りに外食もしてますし、加工食品にはもともと塩味がついてますから完全ではないですが、
例えば昨日の朝ごはん
白米(雑穀入り)
トマト
黒豆を昆布で炊いただけのもの
納豆(タレなし)

とかね。

白米(雑穀入り)
豆腐(薬味のみ)
ゆがいたオクラ

とかね。昨日は姉夫婦が実家に帰省したので庭でBBQをしたのですが、焼き肉のタレなしで食べました。もともと塩コショウをふっているものもありますし、野菜も肉も炭火でじっくり旨みが凝縮されて、タレなしでも充分美味しかったです。

けれど、こんな食事もあと数日ってわかってるからできることですよね。塩気のない食事、素材だけの食事なんて、一生続けると思ったら病みそうです。でも、浮腫みや血圧に効果が感じられるので、自分を実験台に続けてみようと思っています♪


さてさて、以前「助産院で産めるのは健康優良なエリート妊婦だけ」なんて書いたこともありました。わたくし、いまのところ助産院で産めそうであります!!
と言ってもエリート妊婦には程遠く・・・。血糖値が高いと再検査になったり、尿糖が++も出たり、赤ちゃんの成長が芳しくなかったり、臨月になってからは血圧が上がりだすし・・・。
もうほとんど病院で産むことになりかけていました。けれど、この間の医療センターの健診では、

「手放しで安心できる状況ではないが、助産院で産めない状況ではない。
茜さんのご家族と助産院が話し合って決めること。問題がおこったときは医療センターがバックアップする。」

という、医療センターのDr.の判断で、助産院に返してもらえることになりました(*^▽^*) ほんま感動しましたよ~!!
担当のDr.は妊婦の”産みたい”っていう意思を尊重してくれる、素敵な方なんです。妊婦健診で待たされるのは当たり前、けれどいつも「お待たせしてごめんなさいね」って言ってくれる、医療センターでも人気ナンバーワンのお医者さんです。

私はこのDr.も大好きで信頼しているんですが、20代の頃からずっと温めていた、「赤ちゃんの力と自分の力を合わせてお産をしたい、そのためには助産院で」という夢を叶えることができる、その可能性があるなら、絶対に助産院で産みたいのです。

とはいえ、予定日を過ぎるとやっぱりリスクも出てくるもの。8月25日までに産まれなければ、医療センターへ行くことになりました。
ここまで来たら、助産院で産めると思いながら陣痛を待つのも幸せだし、もし赤ちゃんがのんびり屋で医療センターで産むことになっても、担当のDr.も信頼してるし、後はこれまで通り自分にできることを精いっぱいやっていくだけ!!!

アカコ、待ってるよ~♪♪